擦り傷などの傷をきれいに治す方法はこれ!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
日本ブログ村のランキングに参加しております。上のバナーをクリック及び読者登録をお願いします。みなさんの応援がブログの原動力です。

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

今日は、傷ややけどに消毒剤はNGというお話です!

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

小さいころ転んでケガをしたら、赤チンやヨーチンを塗ってもらった経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

この赤チンやヨーチンなどの消毒剤は、細菌より人の細胞に効きます。消毒剤塗った時って、傷口痛かったよね。これは消毒剤によって細胞が殺されていたからです。知ってましたか?

傷口の細菌を消毒剤がすべて殺してくれるなら有効ですが、傷口を消毒剤で消毒しても細菌を「0」にはなりません。必ず生き残ります。

しかも化膿するためには、細菌が増殖するのと共に、異物や壊死した組織が必要です!!

つまり、消毒剤を使ったからと言って化膿は防ぐことができない!!

痛い思いをするだけです。

消毒しないと傷口にバイキンが入って化膿しちゃうよなんて小さい時から言われ続けているから、どうしてもそう思ってしまうんだよね。

じゃあ、どうすればいいの?

①水道水で傷口を洗い流す。・・・細菌や異物がかなり減ります。
②乾燥させないようにする。・・・身体の体液が最近を殺し、肌の再生を促す

②としては、市販のハイドロコロイド素材の絆創膏を貼る。ワセリンを塗ってカーゼを貼るかそれともラップを巻く!!

傷口がジュクジュクしたら、その成分を流さない。最高の治療薬ですからね。

③カーゼは乾いて肌にくっついてきたら、剥がさない。そのまま自然に剥がれるのを待つ。くっついていないなら、そっと剥がし1日に2-3回交換する。剥がした時には傷口周辺を洗います!!

ラップも同じように考えてOKです。

これで、ツルツルの肌が再生します。

殺菌剤、傷乾燥スプレーは再生を遅らせるばかりか、傷口もきれいに再生させません。

アトピーのジュクジュクした肌も同じように再生できます。

なるほど、消毒剤は必要ないんだね。

それと、関節に上手に絆創膏を貼る動画がツイートされていました。絆創膏や他のことでも役立ちそうなので、載せておきますね。納得の工夫ですよ!!

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。