新型コロナでまたも聞きなれない言葉が!!モノクローナル抗体医薬って何ですか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

新型コロナワクチンの世界的な不安から、安全性を無視して新しい製法のワクチンが採用されました。昨日のブログに挙げた遺伝子ワクチンでした。今日も耳慣れない治療薬モノクローナル抗体医薬について是非知ってください。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

モノクローナル抗体医薬って、また難しい言葉が出てきましたね。

有名なのが、アメリカのイーライリリーのバムラニビマブです。

軽度から中等度の新型コロナ感染者に効果ありという事です。

しかも、従来の薬と比べて副作用が少ない!!

これを聞いたら、良いと思いますよね。


何故副作用が少ないかというと

従来の治療薬は、ウイルスの増殖をあの手この手で
予防する薬剤を投入するため、身体にどうしても
負担がかかりました。

しかし、このモノクローナル抗体は、身体で作る
抗体を取り出して培養して身体に戻すという薬です。

身体でそもそも作られるものを
身体に戻すから副作用が少ないという訳です。

身体に不足している栄養素を
サプリで補給するのをイメージしたら
より理解しやすいかもです。


じゃあ、本当にこの薬はいいのか?
ということですが、

それがそうではないんです。

例えば、糖尿病の人がインシュリン注射をすると
一生止めることはできません。

何故なら、身体は基本怠ける方向に働きます。

だから、外からインシュリンが入ってくると
インシュリンを作らなくていいと身体は思うので、
打てば打つほど、インシュリンを作らなくなります。

つまり、こういった薬が主流になると
身体は免疫を作らなくなるので、
病気になりやすくなっていきます。

また、サプリの栄養素はほぼ石油製品から
合成で作られます。

(まさか、サプリのビタミンが
天然から抽出されていると思っていませんよね??)

だから、身体に入っても天然のビタミンと同じような
働きもしませんし、やはり体にとっては似て非なるもの
なので、異物として認識され排出されます。

装置を使って培養された抗体と体内で作られる抗体は
似て非なるものなので、結局異物ということになり
その抗体(免疫)は維持されません。


まとめます!

モノクローナル抗体医薬は、分かりやすく言うと

免疫入りサプリメント!!

(※乳酸菌入りサプリメントみたいな感じです)

副作用も少ないが、効き目も弱く維持できない。

使うことにより、身体が免疫を作らなくなるので、

感染症にかかりやすくなる。

※)↑モノクロではないよ、モノクローナル抗体だよ(笑)

 

モノクローナル抗体医薬を一度使うと
死ぬまで使い続けるようになるかも。


このブログを最後まで読んでいただいた方に
新たな情報です。(2020年12月10日19時現在)

ファイザーのワクチン治験の「フェーズ3」で2名死亡
していることがFDAより発表されました。

日本のマスコミでは
昨日のコロナワクチン接種の2人に強いアレルギー反応 
が報じられていました。

2名は回復したそうです。

※)強いアレルギー反応とは、アナフィラキシーショックであり
死に至る場合もあります。

回復したというニュースは報道され、治験時の2名死亡は
報道されない、、、、。

本当に安全なのでしょうか?

なお、アレルギーのある方で、
過去にワクチン接種で重篤した方は
控えるようにとのコメントがついたことは、
ある意味良かったと思います。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

医療崩壊!!その裏には感染症法という悪法があります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

医療崩壊するぞーーーー!!この報道ばっかりですね。何故医療崩壊するのか?その理由について書いてみます。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

12月4日のニュースで、

厚生労働省は4日、新型コロナウイルス感染者用の病床使用率(2日時点)について、18都道府県で25%以上になったとの集計結果を公表した。感染拡大が2番目に深刻な「ステージ3」(感染急増)の水準に達したことを示しており、1週間前(11月25日時点)の15都道府県から拡大した。

これを受けて、マスコミはこぞって

医療崩壊するぞ!!

と不安を煽っています。

でも、コロナ感染者数って
過去のインフルエンザ感染者数と比べたら断然低いです。

2019年 インフルエンザ感染者数:10,448,891人
2020年 コロナ感染者数    :   156,000人

でも、インフルエンザは医療崩壊していましたか?

してないですよね!

じゃあ何故、新型コロナはそうなるのか?

それは、
日本の感染症に対するルール(感染症法)
悪法だからです。


感染症法では、
新型感染(今回は新型コロナ)について、

「全例」について感染症指定病院に患者を入院させなければいけない

と定められています。

患者さんが軽症であろうと重症で死にかけていても

一律で入院させる!!

この根底には、

個々のウイルスに対して対策をする。

という考え方があるからなんです。

一方、ヨーロッパやアメリカの感染症対策の考え方は、
いたってシンプルです。

感染が大流行したときに、新型や既存ウイルスの区別はなく、
患者さんの状態によって判断します。

つまり、

患者さんが軽症なら、自宅待機。
重症なら入院。

これって、シンプルだと思いませんか?

12月4日現在の厚生労働省の発表によると

治療を要するもの:21,567人
その内重症者:505人

ヨーロッパ、アメリカなら、505人が入院
日本は、21,567人が入院

これが、医療崩壊している理由です!!


これをクライアントに話をしたら、

「日本の方がしっかりして、良いんじゃないの」

糀くんはこう答えました。

「そう言う考え方もあるよね。」

「でもね、感染って2つの経路があるの」

「それが、くしゃみや咳のしぶきが他の人の口や鼻に
入っていく経路(飛沫感染)と、感染者の手についた
ウイルスが、ドアノブに触った時にくっつき、それが
ドアノブを経由して別の人の手にくっつき、鼻や口を
手で触って感染する経路(接触感染)なんだ」

「その感染者が軽度で元気だったら、入院させるより
自宅療養した方が、くしゃみや咳から感染する人も、
手を介して感染する人もゼロになると思うんだ」

自宅の自室にいれば、感染症の広がりはないということ。

「その人を入院させたら、救急車に乗れば救命救急士が、
病院の受付、看護師、医師、食事を運ぶ方や掃除をする方、
たくさんの病院の職員と接触するので、感染のリスクが
反対に高まるんです。」

「重症患者を診るだけでも大変なお仕事。それなのに
軽度患者がいると定期的に診察したり、血圧を測ったり、
点滴を取り替えたりするなどの作業が毎日発生し、
負荷がかかるんです。」

「大量の患者が出てる今、現場を疲弊させている理由は、
誰彼も入院させる感染症法によるんです」

クライアントからも、そう言う見方があるんですね。

という、嬉しい言葉をもらいました。


私たちは、何も疑問を持たず

「とりあえず入院させればよい」
「病気になったら病院に行くものだ」

と決めつけています。

しかし、これは本当のことではありません。

そして、個々のウイルスに対策を立てるので
役所は対策マニュアルを作るのが仕事になっています。
これって、変ですよね。

役所の方も疲弊するし、マニュアル出来るまでに時間を要し
対策も遅れるという悪循環にもなっています。

この根本の原因が

感染症法

です。

国は、しょうもない法改正(予防接種法)に力を注ぐのではなく、
本当に改正が必要な法律、例えば、今回の感染症法を
改正してもらいたいです。

さあ、厚生労働省に今日もまた、メールを書くとしますか!!

今日は勿論、感染症法改正願いです。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

新型コロナ予防と重篤度を下げるには、ワクチンより断然ビタミンDです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

どうしても、薬やサプリでコロナを防いだり、重篤化を防ぐ何かいいのないですか?って聞かれます。今日はそんなお話です。

コロナを防ぐためには、免疫を上げること!!

って、ほぼ毎日書いています。

最近免疫を上げると注目を浴びているのが、

ビタミンDです。

予防効果は勿論、感染後にも役に立つという研究が
ボストン大学医療センターのマイケル F. ホリック博士が発表しました。

ビタミンDが十分な感染者は、

死亡リスクが51.5%少ない!
コロナウイルスを感染するリスクを54%減らす!!

ことが判明しました。

※)無意識、低酸素症などの重篤なリスクも大幅に低下します。

じゃあその濃度はとなりますが、

40歳以上の患者で、
25-ヒドロキシビタミンDの血中濃度が

30 ng /mL 以上とのことです。


日本人のビタミンDの基準値は、
25-ヒドロキシビタミンDの血中濃度(ng/mL)が

基準値 : 30~100
不足状態: 20以上~30未満
欠乏症 : 20未満

となっていますので、ボストン大学の目標値 30ng/mL以上
目標にすればと思います。

気になる方は、血中濃度チェックです!


ビタミンDは、インフルエンザを含むウイルス性の感染予防にも
効果があると言われています。

これから、太陽の光も弱くなりますし、
コロナ禍で外出怖いという方には
ビタミンDは必要な栄養素であるのは間違いないです。


だからと言って、安易にサプリに摂るよりかは
出来るなら、食品から摂ることをお勧めします。

断然、体内への吸収度合いが違うので!!

※)サプリのビタミンDは合成です。

ビタミンD関連のブログ記事はこちら

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

1分でわかる、すぐ対応した国、後手後手に回った国の感染状況の差

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

ホワレーヨ!!糀くんです。

桜が満開!!奈良県の吉野の桜も見ごろを迎えます。

例年、年間の1/3の70万人が訪れるそうです。すごいね!!
今年は良くて10万人かな?と観光協会の方が言っておりました。

本当に観光業にとっては、死活問題だと思います。

行くとなると何か言われるかもしれませんが、しっかり対策して応援のお出かけを週末はできればと思っています。

さて、初の感染者が出てすぐに検査キットを準備し封じ込めしたのが「韓国」。
感染者が出ても楽観視し、何も対応をしなかったのが日本。

すぐ対応した韓国は、収束に向かっています!

確実に減っています!!

後手後手対応の日本は急拡大!!それも今になって。

検査はしない(韓国の1/12)
封じ込めもしない。(自粛要請のみ)
支援もしない

感染経路については、「不明」!!

そりゃ、なーんもしてないんだから(怒)経路なんてわかる訳ないよね。それもこれだけの人数の感染者の経路を判明させようとしたら、その経路数は想像できないくらいの経路数だと思うし。経路把握するなら、韓国みたいに拡がる前にやらないと。

2週間前に感染していた人が今発症しているとしたら、3月初~中旬の感染者が500人ほどの時に対応すれば、まだ感染経路の洗い出しや陽性者の徹底的な封じ込め対策ができていたかもですね、、、

隣国に良いお手本があったのですが、、、残念です。
※)背景には、韓国が「MERS」(今回のような世界的な感染病)で痛い目にあった経験があるからですが、、、

今後、日本はどのように対応したらいいのか

こちらのブログに先週書きました。⇒緊急投稿:日本の対応では感染は止まらない。韓国の対応を参考に、どうすればいいか考えてみた。

これだけの感染の勢いになったら、この考えも、もう手遅れかもしれませんね。

でも、周りに陽性になった人誰もいないんだよなぁ、、、、

感染者がいないことは、良い事だから。これはこれで、良しとします!

新型コロナ流行を防ぐカギは、不安な気持ちを持たない事じゃないかな。

ホワレーヨ!!糀くんです。

ついに、息子が手品に目覚めた!!うれしいー!!
20年近く手品を趣味にしているので、これから色々教えてあげられたらいいなあ。月1回の面会が楽しみになりました。 卒業式に行けなくて悲しかったけど、気持ちアゲアゲです。

今日は、新型ウイルスの発生について書いてみます。

体内毒が病気を作る

病気は、「体内毒」が身体を巡ることから始まります。体内毒は身体の弱い部分に病気を作ります。皮膚にでれば、アトピーに。気管にでれば喘息。肝臓に出れば、肝硬変など。その症状を放置すると、最終的に癌化します。

体内毒の種類

体内毒は、読んで字の通り「体内に入る毒です!!」環境要因、生物要因、物理的要因など様々ですが、一番のポイントは腸です。何と言っても、栄養を血液に入れる場所で、テニスコート1面分の広さがありますから。そして、腸の環境を左右するキーワードは、腸内細菌です。

病気を引き起こすのは悪玉菌だけではない

悪玉菌は体内毒を作り病気を引き起こすので悪玉菌と呼ばれます。しかし、それ以上に厄介なのが、カビとウイルスです。「カビ」と「ウイルス」は単独でも病気を引き超しますが、両方合わさると癌など大きな病気を引き起すことが分かってきました。そして、この「カビ」や「ウイルス」や「腸内細菌」を呼び寄せるのは意思や感情です!

不安・執着・羨みがカビやウイルスを呼び込む。

幸せな感情や嬉しいとき、笑っているときなど陽の感情の時、悪玉菌が抑えられ善玉菌が増えます。しかしその反対に執着や恨みなどの負の感情は善玉菌が抑えられ悪玉菌が活発になると共にカビやウイルスを身体に呼び込みます

そして、不安な気持ちが世界中に拡がる時、今までにない病気が拡がります。

SARS・MERSの発生時期に不安はあったのか?

新型コロナウイルス以前に流行したSARSやMERSの時代背景をみてみます。

◆SARS(2002年~)
海外:イラク情勢が緊迫。北朝鮮の核問題は緊張。バリ島で爆弾テロ。イスラエルやモスクワの情勢悪化。中国・アメリカの政局が変わる。
国内:デフレ不況、バブル崩壊後最安値。食肉偽装。秘書給与疑惑、収賄疑惑。

◆MERS(2015年~)
海外:イスラム過激派のテロ。難民が欧州に殺到。経済危機(ギリシャ金融危機、中国経済ブレーキ)。米中東シナ海での緊張。
国内:安全保障関連法が成立。TPP交渉大筋合意。 辺野古移設着工。川内原発再稼働
邦人人質殺害。

海外は、争いによる不安と経済的な不安。
国内は、経済不安や政府の不都合の揉み消し。

世界中の人は不安にあったと思われますが、国に対しては不満が募っていた時期であったことも分かります。

2020年も不安と不満がいっぱい

2019年は海外では、米中貿易摩擦、香港デモ、イスラム最高指導者殺害など。国内では、消費税10%、相次ぐ自然災害、安倍政権の疑惑(森友、桜を観る会など)。

やはり、不安と不満が高まり、2020年を迎えたことが分かります。

不満が新型ウイルス流行を理解するポイントかも

国民が政府に対し不満をもつ。そのままにしておくとその矛先は政権が破れる。そうならない為に現政権は、国民の目を逸らしたい。その方法は、病気が拡がれば良い。そういった意味では、陰謀論的に言えばSARSもMERSも新型コロナも人工的に作らればらまかれたものかもしれないですね。
こうして、新型ウイルスへの不安が拡がり、その感情が新型ウイルスを呼び込んでいく。あっという間に感染が拡がります。拡がると不安の感情はますます大きくなりまた、拡がるので爆発的に増えて行きます。

メディアも不安を煽るので、民衆の不安が拡がり続けるので、感染拡大は止まりません。

不安を考えるより楽しい事を考えよう

不安を持つ限り、ウイルスを引寄せます。 だから、不安を受け止める事が出来るなら、不安がなくなるので一番いいのですが、、、口でいうのは簡単ですが、難しいですよね。 単純ですが、お笑いをみたり、趣味に没頭したりしてください。気分が晴れることしてください。朝が必ずくるように、夜ばかりは続きません。必ず、感染はどこかで収束しますから。不安にならず、 明るく・楽しく 気晴らしになることをしてくださいね。

公園で遊ぶのいい!! ランニングもいい!! 子どもとゲームも。 家族の中でギスギスするくらいなら、部屋にこもっても良い。 もし、家族間の関係が悪化するならそれは早く解ってよかった。修復すればいいし、修復できなかったら離れればいい。
開き直るぐらいの気持を持つぐらいがちょうど良いと糀くんは思います。

緊急投稿:日本の対応では感染は止まらない。韓国の対応を参考に、どうすればいいか考えてみた。

ホワレーヨ!!糀くんです。
今日は、新型コロナウイルス感染が収束に向かっている韓国の対策から日本の今後の対策を考えたいと思います。

韓国は唯一感染を抑えられている国

中国も数字上は抑えられています。しかし、中国は症状の出ていない陽性者は感染者にカウントしないとか実は子どもの感染者も数千人でていましたとかなど隠ぺいしている情報をまだ持っている可能性があります。それと比べると、 韓国は中国のように言論や行動に厳しい制限を課すことがありません。

韓国の対策

1.危機的状況になる前に積極的に関与する(早期封じ込め)
初の感染症例の1週間後に、政府は製薬会社数社の代表者たちと面会し、コロナウイルス用検査キットの開発と大量生産を依頼。2週間後には、各地に何千もの検査キットが配送。今では日産10万キット製造している。(検査キットの輸出も協議)
2.検査を徹底的に行う。それも、安全・頻繁・時短をベースに(陽性者の早期発見)
韓国は世界で最も多くの人を迅速に検査してきた。そのため、感染者をすぐに隔離・治療することが可能となり封じ込めに成功。医療従事者の安全確保にも留意し、 検査センターを600カ所を開設し、接触を最小限に抑えています。 50カ所のドライブスルー検査施設や電話ボックス型施設も接触を抑える目的です。しかも、検査結果は数時間で可能でした。
3.接触者は徹底的に追跡し、隔離・監視を行う(ウイルスの封じ込め)
医療従事者が刑事のように個人データを緊急処置として閲覧し携帯履歴などから移動箇所を追跡、接触者を徹底的に洗い出しするシステムが出来ています。 洗い出された接触者は検査し、必要があれば隔離する処置をほどこしました。
感染者が、数千人規模になると追跡は難しく、その場合は 住んでいる地域や地区に新規感染者が発見されると 携帯電話はの緊急警報のバイブレーションが強制的に鳴る地震速報のようなシステムも出来ていました。
4.国民の協力(一丸となってウイルスを排除する)
政府は国民の協力を得る為に、情報を絶え間なく流し続ける。例えば、ウェブサイトやアプリに1時間ごとの感染者数や移動経路(どの交通機関に乗っり、どの駅で乗り降りしたか)、マスクを着用の有無など人物を特定できない様に発信。感染者と接触したと思われる人は、検査センターに届け出るように促す。促すだけでなく、検査を受けやすいように検査は無料とし、ほとんどの治療は保証するシステムも早急に対応した。
国民は、政府の対応に賛同し、積極的に検査を受け、プライバシーの損失も感染を防ぐための止むを得ない対応として受け入れています。
この国民の信頼と政府の対応が噛みあった結果、国民の自主的な協力と政府の対応に従うと言う強い意識が生まれ、国家一丸となって封じ込める世論が形成された。

日本の現状(対応後手)

日本政府の対応は、韓国と比べてどうでしょうか?
比べ物にならないですよね。
1の早期封じ込めなんか、日本はなーんにもしていませんから。3月中に日に検査1万人するように開発すると言ってたぐらい、のんびり対応です。しかも、まだ出来ていない(怒)この結果が、2(検査を徹底的を行う)にも如実にあらわれています。以下、糀くんが調べた日本、韓国、イタリアの検査人数の推移です。

一目瞭然ですよね。コメントする必要ないです。

もちろん、3の追跡・隔離、4の一丸なんて、全くできていません。こんな温いコロナ対策しか打ち出せないんだから、そりゃ国民も協力しないですよね。

今後、日本が早急に対応すべきこと

A.徹底的な検査
とにかく1日でも早く1万件/日を行うようにする。そもそも、政府が実施すると言い出したことですし。加えて、日本もドライブスルー、電話ボックス対応導入も必要と思います。
B.接触者の洗い出しと隔離
検査費用や治療費用の保証を今すぐ発表し、対応する。これ以上、街に感染者をウロウロさせない。
C. 集団発生している地域の封鎖
検査が追いついていないこの状況下、感染者が誰だか分かりません。集団発生している地域はそれだけ感染者がいる可能性が高いことは明らかです。その為には、人々を接触させない事が重要です。今、外出禁止をする決断が必要な局面です。特に東京。この週末に外出禁止を出して、感染を止める対策を取るべきだったと思います。これ以上感染が広がってから外出禁止令をだしても手遅れです。そうなれば、外出禁止令どころが都市封鎖の可能性も!!

経済が止まっている状況で外出禁止までと思うかも知れませんが、急がば回れです。今封じ込める方が、経済の回復は早いと思うのです。

政府が対応しないなら、今我々が出来る事は不要不急の外出を控えることだと思います。特に感染が日々増えている地域や集団発生している地域において。
一丸となって新型コロナに立ち向かっていかねばですね!!

最後まで読んでくれて

メディアの新型コロナウイルスの検証方法は不安を煽るだけで間違いだらけ。正しい検証方法はこれだ!!

ホワレーヨ!!糀くんです。今日はMさんから質問が来ています。

「糀くんが、仕切りに患者数が重要といいますがピンときません。分かるように教えて!!」

では、お答えしていきます。
収束に向かっていると糀くんが考えている韓国を例に、 日本のメディアの報道をまねて韓国の今の状況を感染者数で説明します。

韓国は今も感染者が増え続けています。

最近の韓国の感染者数を見てみましょう!!

韓国の感染者数は、まだまだ増えていますね。感染者数は日本の約6倍。死亡者数も3倍。日本よりも深刻な状況です。

感染者数を追うとこのような報道になります。

では、いつも糀くんが使っている患者数で説明します。
※)患者数=感染者数-退院者数

韓国の感染は収束に向かっています

最近の韓国の患者数を見てみましょう!!

韓国の感染は収束に入りました。感染した患者数も日々減少しています。韓国と日本の大きな差は検査人数ですね。日本の13倍もあります!!この当たりに収束した理由がありそうです。 明日はその検証をし、どうすれば日本は収束に向かうのかを検証したいと思います。

患者数を追うとこのような報道になります。

びっくり、真逆の結果に!!

感染者数と患者数では、推移は真逆の結果になります。では、どちらが目安となるでしょうか??

患者数を思い出してください。 感染者ー退院者数でしたよね。患者数には感染者と退院者の両方の数字で評価します。では、どちらがデータの信頼性が高いか??

患者数の方が信頼性高いのは、感覚的にわかりますよね。

だって、感染者と退院者って陰陽ですから。陰陽バランスよくあるデータの方が間違いなく信頼できる!!

それでも、メディアは感染者数で報道続けるはず!!

もし、韓国収束に向かうというニュースを流したら、「日本政府の対応どないなっとんねん (怒) 最初韓国と比べて日本は感染抑えられているって言ってたのと違うんかい!!結果みたら、韓国の方がきちんと押さえ込み出来ているー!!」

こんな事実知られたら、政府の対応の失敗が明るみにでちゃう!!
もしかして、政府からメディアへこんな圧力(依頼)があったりして、、、

韓国の状況に国民の目がいかない様に、①韓国の報道をしない ②患者数で検証しない。③不安を煽る。

①②はすでにそうですよね。

③は、まさに今!!
アメリカが急増している、アメリカの感染者が8万人超えた、中国抜いて1位などなど、、、インパクトあるアメリカを利用し始めました。後、ヨーロッパもね!!

新型コロナウイルス、「怖いよー!!」っていう感情が今渦巻いています。

このマイナスの感情が拡がり連鎖し、あっという間に世界にマイナスの感情が拡がってしまいます。そうすると、本当に最悪の新型コロナウイルスのシナリオになってしまうから、、、

だから、怖いなんて思う必要ないですよ。 手洗い、うがい、鼻呼吸、喉元を冷やさない、小まめの水分補給、普段の風邪予防と同じことを続けることが大事。そうすれば感染は防げますから!!

◆鼻呼吸の記事はこちら⇒鼻呼吸って本当にス・ゴ・イ!!鼻呼吸しないとめちゃくちゃ損してますからね♡
◆予防方法はこちら⇒これ読むだけでOK!!新型肺炎の予防と対応ばっちりまとめました。

【最新情報:3月25日現在】新型コロナウイルス患者数

韓国は収束に向かう。アメリカが急拡大しています。東京の感染者数が一番多くなりました。

世界の感染者数 TOP5・・・アメリカが急拡大です。
81,661人  中国
74,386人  イタリア
64,764人  アメリカ
47,611人  スペイン
37,323人  ドイツ

日本の感染者数 TOP5・・・東京が一番の感染地域になりました!!
東京都213人
北海道164人
愛知県153人
大阪府152人
兵庫県118人

日本の検査数は世界とくらべると、(;´д`)トホホ

日本の検査人数が2万4千。いつになったら韓国やイタリアのように1日1万検査出来るのやら(泣)ちなみに、イタリア・韓国共に32万件以上です。

患者数の増減をグラフにまとめました

◆感染者数、死者数など詳細は、グラフに記載しています。
◆グラフの患者数とは、感染者数ー退院患者数です。右肩下がりになれば、収束に向かってる判断になります。

ご参考にしてください。⇒やばい、日本は感染危険地域と世界から評価されている

ウイルス治療薬の主な副作用は「癌」です!!しかも、正常な細胞も殺しちゃうから免疫がた落ちするよ。

ホワレーヨ!!糀くんです。

今日の投稿は、お話会などでは良くしているのですが、ウイルス治療薬の副作用は「癌」という内容です。

癌とは一言でいうと、遺伝子異常の細胞。

我々の細胞は似た者同士が集まり臓器や骨などを作り、それぞれが役割をはたして生きているので、多細胞生物と呼ばれます。

そして生きているとストレスなどの社会毒、環境汚染や紫外線などの環境毒、今回のウイルスなどの生物毒や石油で作られた化学肥料などの化学毒という色々な毒に侵されます。こういった毒に侵されると、身体には活性酸素などが発生し、遺伝子を壊します。この壊れた遺伝子異常の細胞は、ほとんど死滅しますが、一部が生き残り癌化します

ウィルスを退治するには、我々の細胞を殺すか遺伝子異常を引き起こすしかない!

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

この事を書く前に、ウイルスがどのように増えるかをお話しないとですね。
2時間かけて作った渾身の4コマ漫画でお伝えします。

4コマ漫画「無題」の1コマ目
ウイルスがやってきました!!
4コマ漫画「無題」の2コマ目
でも、ウイルスは独りで増える事が出来ません。
4コマ漫画「無題」の3コマ目
増えるためには、細胞に寄生しなければなりません。
ウイルス君は細胞くんをみつけ、寄生に成功しました。
4コマ漫画「無題」の4コマ目
ウイルス君は、細胞くんの中に入ります。
その中で、細胞くんは増えることが出来ますが、寄生された細胞くんは死んでしまいます。

詳しく言うと、ウイルス君は細胞くんの生きた正常な遺伝子を利用して増えます。ウイルスにとって生きた正常な遺伝子がエサなんですね。

ウイルスにエサを与えない(退治する)為にはどうすればいいか?

①細胞を殺す
②細胞に遺伝子異常を引き起こす

遺伝子異常は、奇形や病気を生む

さて、遺伝子に異常がきたすと、正常な代謝や臓器(組織)が作られなくなります。正常な代謝がされないと病気になり、正常な臓器や組織が作られないと奇形となります。細胞分裂が激しい子どもや胎児が遺伝子異常になったらと考えると恐ろしいですね。

新型コロナウイルスの治療薬の副作用に奇形と書いてます

アビガンという言葉聞いた事ありますか?新型コロナウイルスに効くということで、臨床試験されている治療薬です。

この薬の副作用や打ってはいけない人は以下の通りです。

◆投与してはいけない人
①妊婦さんと妊娠しているかも知れない人・・・理由:奇形児が生まれる可能性が高くなるため
②妊活中の女性・・・ 理由:奇形児が生まれる可能性が高くなるため
③①②に該当するパートナーを持つ男性・・・理由:治療薬が精子に移行することが分かっているため
④小児への投与・・・理由: 小児に対する投与経験はない。
⑤授乳中のお母さん・・・理由:母乳中に治療薬が移行する事が分かっているため
⑥ 痛風又は痛風の既往歴のある患者及び高尿酸血症のある患者 ・・・理由: 血中尿酸値が上昇し、症状が悪化するおそれがある 。

※)詳細はこの記事をどうぞ⇒妊婦さん、妊活中の男女必読:新型コロナウイルスに効く治療薬「アビガン」は、悪魔のような薬なのだ。

この奇形が生まれるの当たり前なの分かってもらえますか? ウイルス退治する為には、「細胞を殺す」か「遺伝子異常」を引き起すしかない。細胞殺すと人そのものを殺すので出来ないですよね。だから、遺伝子異常を引き起こす方法しかないのです。

それで、一番最初に書いた「癌とは一言でいうと、遺伝子異常の細胞。」に戻り、もう一度読んでください。遺伝子異常を引き起こした細胞の中から、「癌」が生まれるのです。

ウイルスは自分の免疫で退治できます

ウイルスは、これまで書いてきた予防方法(記事検索できるようにしていますので、「予防」と記入し過去記事を検索してください)で免疫をあげれば退治できます。自分の身体を信じてください。

自分の身体が治す力を持っているのに、わざわざ、「癌」になる危険性やそれ以外にも大きな代償を払う副作用がある治療薬を選ぶ理由はないと思います。

オルベスコという喘息の薬が効くというニュースもありましたね。こちらも、副作用に奇形の文字が、、、、動物実験の結果ですが、、、
詳しくは、この記事を読んでください。⇒たった3分でわかる!新型コロナに効くと最近報道されたオルベスコの危険性について。

最後に、これから開発されるワクチンも必要ないものです。このこともお話会では良くするのですが、、またの機会に書きたいと思います。

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

新型肺炎感染者が北海道で一番多い理由は?

ホワレーヨ!! 糀くんです。
今日は、北海道で新型肺炎感染が何故爆発したのか? 一昨日(3月21日)のブログを読んだ方は解りますよね。

日本でも、中国人の人気の旅行先で感染拡大がおきてます!!

2020年の春節、中国人旅行客の人気旅行先 (短期)

旅行会社Trip.comの統計 より

この結果と世界の感染者数を併せて考えてみれば、日本の感染者数が1,000人規模で収まっている事に不自然さを感じます。 きちんと検査すれば、もっと感染者がいるのは間違いないです。同じことをブログで繰り返して言っていますが、日本の医療技術や体制を考えれば世界と同様に1万人/日は検査できないのは、意図して検査人数を押さえているとしか思えない!!

中国人旅行客が選ぶ日本の人気旅行先TOP5

3月21日時点での日本の感染者数TOP10

赤字は、中国人の行きたい日本の旅行先TOP5です!!

やはり、感染者の多い地域TOP10の内4都道府県も入っています。

注目国の感染の状況ですが、韓国は収束に向かう。アメリカが急拡大する傾向にあります。

日本の検査人数がやっと、2万を超えました。韓国やイタリアでは2日間で終わる数。日本では発生から2ヶ月掛かりました(泣)
まじで、検査する気ないよね(怒)

この理由は、ブログ記事に以前書いています。ご参考にしてください。⇒やばい、日本は感染危険地域と世界から評価されている