昨年の今頃は陽性者数は増加傾向、今年は減少傾向。これってどういうことだろうか?考えてみたよ。

友だち追加
糀くんがお勧めするお塩や天然の栄養補助食品や化粧品、購入にお得な情報が届きます。また、LINE友達追加者のみ限定で読める記事がありますので、友達追加お願いします

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

今日はコロナ陽性者数が昨年とは真逆の傾向を示すことから、コロナ陽性者数の実数をみながら考えてみました!!

コロナ禍で多くの人が、制限させられましたね!!

昨年は、この時期にコロナが増加傾向にあり、
その後も上昇が続いたため、その1か月後
これ以上増やさないために国民の痛みを伴う対策として

緊急事態宣言

が出されましたね

具体的には、
2020年4月7日に
東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に
2020年4月16日に対象を全国に拡大

あの時は、みんな我慢しました

昨年の状況と今年の状況を比較したのが
以下のグラフです

一目でわかると思いますが、
昨年の状況で判断するなら
到底、緊急事態宣言なんて解除できる
状況じゃないぐらいの今年の陽性者数ですよね

本日、下がったと言うことで解除になりましたが、、、

結局陽性者数を抑えるためにと
言いながら抑えられていないんですよね

緊急事態宣言などの制限は本当にするひつようあったのでしょうか?

昨年と今年で、縮尺を各々に設定してグラフにすると
こうなります!!

2020年と2021年の縮尺を見てみる

2021年は、2020年の

333倍です!!

色々痛みを伴う制限を国民にかけたにも関わらず
陽性者数の増加を抑えられていません!!

そして、下がったからという理由だけで
昨年より陽性者数ははるかに多いのに
解除って、、、

なんかしっくりきません

昨年どうして制限掛けたのか、本当に問いたいです


それと悩ましいのが

昨年は2月~4月まで陽性者数が増加!

今年は反対に下がっています!!

これをどう考えるか?

考え方としては

①コロナウイルスは、季節を問わない!!

今までのウイルスのように冬場(乾燥、低温)に
猛威を振るうのではなく、いつでも猛威を振るう
ことができるウイルスである!!

だから、これまでのように季節で増減を
推測できない!!

②PCRの条件によって、陽性者数が変動する

PCR検査の条件で陽性者数が変わるのだから
PCRの陽性者数は信用できないデータである。
信用できないデータで判断することがそもそも
間違っている

これに対して、糀くんはこう考えます!!

そもそも、感染力が弱いコロナウイルス
陽性者数だけをみても(感染者数でない)

2021年2月28日現在で

428,219人

日本の人口割合で、

陽性者は、たった0.35%

要は、感染力が弱すぎて数が少ないため
確かな統計的手法で解析できない

データが少なすぎて、これまでのウイルスの情報と
比較できるレベルにないと思います

結論を言えば、

現状では、経済を止めてまで、マスクを常時着用してまで、陽性者を隔離してまで感染対策するようなウイルスではない!!

と思っております

今後コロナ感染を正しく推察するためには、
陽性者数ではなく、他のウイルス感染病と同じように、
症状が出た人のみを追うことが重要です

PCR陽性者数で判断を今後も続けると
五里霧中でしょうね、、、


【今日の1品 No2】

オーストラリア産の牛肉で作った
自家製ローストビーフです

牛肉は世界で一番安心な
豪州産グラスフェッド

それを、遠赤外線でじっくり仕上げました

自家製のソースは、バルサミコ酢と赤ワインで
作りました

今宵も美味しくいただきました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

【報告】PCR陽性者数に影響を与えるCT値について、厚労省に電話して聞いてみた!!その回答が残念すぎた、、、、

友だち追加
糀くんがお勧めするお塩や天然の栄養補助食品や化粧品、購入にお得な情報が届きます。また、LINE友達追加者のみ限定で読める記事がありますので、友達追加お願いします

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

以前からPCRの陽性者数は操作できると書いてきました。

この記事では、
PCR検査の問題点について書きました

特に、⑤のCT値の回数で
陽性者数を簡単にコントロールできる
を読んでください

日本のPCR陽性判定は、世界基準だと陰性判定となります。

この記事は、WHOがCT値(遺伝子増幅回数)を
減らすことを推奨した途端に
陽性者が減っているという内容です

CT値をアメリカや日本などが
減らしたかどうかわかりませんが
1月20日を機に減少傾向が現れています

PCR陽性者数が信用ならないこと証明されちゃいました


CT値変更になったのだろうか?

気になって仕方なくなったので
厚生労働省に電話しました

代表電話(03-5233-1111)に掛けたところ
コロナ関係はこちらにと電話を振られました

その番号が、こちら

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談
0120-565-653

フリーダイヤルになっています!!

以下、担当者とのやりとり

糀くん「CT値は通常何回ですか?」

厚労省「国によって違いますが、こちらにも厚生労働省から情報が降りてきてい状態です。」

糀くん「WHOがCT値が多いのではないか?減らした方が良いと言っています。」

厚労省「はい、そうですね。そういったご意見は多々いただいております。こちらにも。」

糀くん「WHOが言ったら、日本でも条件は変えるんでしょうか?」

厚労省「えーーとですね。よくご質問をいただいて調べてはみたのですが厚生労働省が正式に発表していないので、ちょっとお答えできかねる状況なのです。」

糀くん「CT値について厚生労働省は何も発表していないということなんですね」

厚労省「そうですね。発表ありましたらHPに載ると思うのですが。。。」

糀くん「じゃあ、CT値の条件は最初から変わっていないと思っていたらいいですかね?」

厚労省「うーーん、そうですね、、、まずその記載が厚生労働省がしていないので、もともとと今が一緒かわからないですけど・・・」

厚労省「最初のCT値と今のCT値については、わかりかねまして、、厚生労働省が発表していないので」

糀くん「そうですか、、、、CT値が高いと出やすいですよね。なにもわからないって、、、」

厚労省「またちょっとHPの方をちょこちょこ見ていただいたらと思うのですが、厚生労働省の」

糀くん「・・・・・」

厚労省「今現在では、すみません。。」

糀くん「その部分はシークレットになっていて今もずーーとその担当レベルではわからないということなんですか?」

厚労省「そうですね

糀くん「誰かわかる人に繋げてもらえませんか?」

厚労省「どこに繋げても、こちらの電話に案内されます。」

糀くん「そうなんですか!?」

厚労省「そうなんです」


この電話をしてわかったことが、

厚生労働省は不都合な情報を開示しない

という、隠ぺい体質が露呈されました

PCRを信用するためには、
CT値が重要なファクターですから

それを電話窓口が
「情報が降りてきていない」
「厚生労働省が発表していない」

という回答は

明らかに隠していますし、
答えになっていない!!

国民をバカにし過ぎているし、誠意も感じられない

CT値の質問に対し、
必ず、声のトーンが下がり、
間があくところなんかも

窓口担当もマニュアルがあるのだと思うのですが、
ちゃんとした答えになっていないのがわかるので

声をつまらせ、歯切れがないのだと思います

それと、少し安心したのが
自分と同じように、WHOの見解について
問合せをしている人が多くいるということが
わかったことです


PCR検査を国民に実施しながら
その条件を開示しない(開示できない)

厚労省って信用できますか?

なにも問題なければ

堂々と回答できる質問です

回答を隠すということは、
PCRのCT値については
陽性者数を多くだすために回数を多くしている

今下がっているのは、CT値の回数を減らした

と言っているようなものです

これって、疑惑の政治家の提出資料のように
ほとんど黒塗りの何も証明されない資料とおなじだと
思いました

今回のやり取りで、はっきりしました!!

一事が万事です

厚労省のPCR検査の情報や態度が信用できない

そんな厚労省が進めるワクチンが信用できるわけない!!

そう確信した日となりました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。