コロナ怖い人は、海藻とお茶を積極的に食べるのがいいみたい!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

コロナ予防には海藻やお茶がいいみたいです!

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

ほんとに??

本当なんです。化学的根拠があります。

その前に、

フィトケミカル(ファイトケミカル)

って知っていますか?

フィトケミカルとは、
植物が虫や紫外線などから自分を守るための色素や苦味成分のこと。
※)フィトとは植物の事です。

具体的には、
ポリフェノール
カロテノイド
テルペン
多糖類
含硫化合物
の5種類に分類されます。

フィトケミカルは、何故コロナに効くのか?

コロナウイルスの重要なタンパク質を
阻害して増えないようにするからだそうです。

このたんぱく質は、勿論、安全で副作用がないです。

ワクチンなんかより、ずっといいです。


フィトケミカルは、それ以外にも様々な効果があります。

例えば、ポリフェノール

・ほとんどの植物に存在します。
・抗酸化作用が強い(活性酸素を除去)
・動脈硬化など生活習慣病の予防に役立つ。

植物(野菜)が身体に良い訳ですね。

ガムで有名になったフラボノイドもポリフェノールで

・ドクダミや玉ねぎに含まれます。
・上記に加え、免疫をUPします。

緑茶に含まれる、タンニンやカテキンもポリフェノールで

・上記に加え、抗がん作用もあるなんて言われています。


特に、コロナウイルスに効果のある植物は

緑茶、ドクダミ、海藻と言われています。

ワカメの味噌汁+緑茶(ドクダミ茶)

がすぐに浮かんじゃいました!!

しかも、これは

放射線に対する予防効果もある組み合わせ!!

で結局は、

和食最高

という結論に至るのでした!!

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

ウイルス対策で水分補給は効果あり。塩を加えるとさらに良いことを補足します。

ホワレーヨ(※)!! 糀くんです。※)糀くん語で、「元氣ですか?」という意味だよ 

日々新型コロナウイルス感染者数を確認していると、すでに日本は感染拡大期です。昨日は、これまでで最大の66人の感染。日に3桁で増加していくのも時間の問題です。このブログ記事に書いていますが、重要なのは①小まめの水分補給(お茶・白湯)②塩水でのうがい ③手洗いは、本物の石けんで ④外出時には、マフラー ⑤口呼吸の人はマスク(乾燥防止)⑥寝る時は、首タオル

参考記事はこちらをクリック!!
感染予防にはマスクよりマフラー!
目から鱗!!マスクを使わない新型コロナウイルスの予防法
これ読むだけでOK!!新型肺炎の予防と対応ばっちりまとめました。
読むと話したくなる!!アルコールやマスクより効く新型肺炎予防策

お茶+お塩でお願いします。

お茶をこまめに飲むのは良くないという投稿やお話を耳にしたりします。その理由は、利尿作用があり反対に乾燥するからと。
※)乾燥はウイルスが好み、粘膜の働きが悪くなる要因だから!!
ふむ、そういう見方も出来ます。でも、 多くの人が知っている お茶の「静菌・殺菌作用」をその理由で排除するのは何か勿体ないと思います。

じゃあ、どうすれば良いか??
水分を出さなくするか?
水分を出す以上に入れるか?
どちらかとなります。

その解決策が、「塩」を摂るなんです。

※)塩は、ミネラルを含んだ岩塩や天日干し塩などを指します。精製塩は「×」

利尿作用が起こるのは、水分を摂りすぎると血液が水で薄まります。すると、身体を動かすのに必要な塩分も薄まります。塩分濃度を戻すのに身体は尿を出して調節します。これって、熱中症の人に水を多くのましてはダメな理由と同じです。

じゃあ、どうするのか? そのヒントは、熱中症対策飲料にあり!!

熱中症対策飲料の定義(食品表示基準:厚生労働省)
ナトリウム濃度として、少なくとも、飲料100ml あたり40~80mg 含有する清涼飲料水。(この値は、厚生労働省HPのマニュアル記載の値に基づく。食塩相当量として0.1~0.2g。)

この基準をお茶に適用すればいいんだ!!

結論:お茶100mlにお塩 0.1~0.2gを入れて飲む
緑茶の苦手な方は、麦茶やほうじ茶、白湯、お水でどうぞ!!

街中の人ごみは、やはりリスクは上がるのでお勧めでしませんが、今観光地は結構穴場です。いつもより、ゆっくり出来るしお店のサービスもきっといいはず!!
しっかり対策を取って街に出かけませんか?

塩歯磨きも、ウイルス予防対策にいいらしいです。調べなきゃ!!

☆いいお塩に出会いたい方は、「昔ながら本舗」で検索

新型コロナウイルス最新の感染者数(日本)

ホワレーヨ(※)!! 糀くんです。
※)糀くん語で、「元氣ですか?」という意味だよ

昨日は、お兄さんの還暦祝い!!すき焼きを食べました。久しぶりのすき焼き。砂糖の甘さが刺激的でした。「甘ーい」と思わず心の中で叫びました。まあ、お祝いの時ぐらいはいいよね。と言い聞かせる糀くんでした。(笑)

日本の感染状況(新型コロナウイルス)

振り返り記録としてブログを残します。
明日からは、終息するまで毎日の発生者数をブログに記録します。

◆2020年1月
24日    2人(+2)
25日    3人(+1)
26日    4人(+1)
27日    4人(+0)
28日    7人(+3)
29日    8人(+1)
30日   13人(+5)
31日   15人(+2)

◆2020年2月
1日     15人(+0)
2日     19人(+4)
3日     19人(+0)
4日     22人(+3)
5日     25人(+3)
6日     25人(+0)
7日     26人(+1)
8日     26人(+0)
9日     26人(+0)
10日     26人(+0)
11日     29人(+3)
12日     29人(+0)
13日     34人(+5)
14日     41人(+7
15日     53人(+12) ・・・1次感染拡大へ
16日     59人(+6)
17日     66人(+7)
18日     75人(+9)
19日     85人(+10)  
20日     94人(+9)
21日    129人(+35)
22日    137人(+8)
23日    147人(+10)
24日    159人(+12)・・・2次感染者拡大へ
25日    171人(+12)
26日    190人(+18)
27日    215人(+25)
28日    220人(+5)
29日    242人(+22)

◆3月
1日     257人(+37)
2日     279人(+22)
3日     294人(+15)
4日     330人(+36)

新型肺炎の感染は拡大中。

外出しなければならない人へ

マフラーとお茶を忘れずに!!←クリックすると、記事が開きます。
【理由】
☆免疫維持(粘膜の働きを弱めない)
①口呼吸の人はマスクをする。(意識して鼻呼吸出来れば必要なし)
②マフラーをして、首を温める。
☆免疫の補助
③お茶を小まめに飲む(喉元にいるウイルスを胃で撃退)

感染予防にはマスクよりマフラー!

ホワレーヨ(※)!! 糀くんです。
※)糀くん語で、「元氣ですか?」という意味だよ。

毎朝近くの神社でお参りしてから出かけます。願い事は、髪が生えるように!!
ではなくて、日本が弥栄(いやさか)で子ども達が 元氣でありますように願っています。でも、髪も生えたら嬉しいです、、、

みなさん、マスク・マスクと言っていますが、マスクよりマフラーが予防には適しています。これまでの投稿では、情報過多になるので書かなかったのですが、マスク不足が深刻化しているので追記します。また、お茶が予防に効果ないと言われていますが、水分摂取するだけで予防効果があり、お茶には+αでカテキン(殺菌効果)が含まれているので、より効果的と思います。

分かり易い免疫の話

免疫って3段階なんですよ。有名なのは抗体!!これって、最後の砦。
その前にあるのが、細菌や未消化物や毒を食べちゃう細胞で別名マクロファージ。
そして、最初に闘ってくれるのが、粘膜(粘液と線毛のこと)です。

粘膜は体外で、マクロファージと抗体は体内に入ってから働きます。つまり、

粘膜(体外) ⇒ マクロファージ(体内)  ⇒ 抗体(体内)

病気にならない為に重要なのは、最初に菌やウイルスや毒と闘ってくれる粘膜に十分働いてもらう事なんです。

粘膜の働きとは

呼吸する時の気道内における「粘膜(粘液&線毛)」の異物除去の働きを例とします。
①異物は粘液で捕らえられ
②その下にある線毛が1分間に約0.5~1cmの速さで外へ向かって異物を移動し
③咽頭(のど)へ戻された異物は、痰として体外に排出。若しくは、食道から胃に入り消化されます。

粘膜の働き(糀くん作成、がんばりました)

粘膜の弱点

粘膜(線毛と粘液)の働きが悪くなる、つまり弱点は

「寒さと乾燥」

これって、まさに冬の気候です。冬が弱点。だから、冬に風邪などの病気に罹りやすくなります。その冬の気候から粘膜を守るためには、

温かくすることと乾燥を防ぐ事です。

◆温かくする
  喉を温める=マフラーをする。鼻呼吸をする。
    
◆乾燥を防ぐ
  ①水分を小まめに補給する
   を飲む。さらに良いのは、白湯(70度)。さらにさらに良いのはお茶
  ②喉の湿度を上げる
   鼻呼吸

お茶が良い理由

カテキンなどの抗菌作用が期待できるから!知っている人も多いよね。

ウイルス感染予防にはマスクではなくマフラーです。

マフラーをして、鼻呼吸。小まめに水分補給で完璧です。マスクは、鼻呼吸すれば必要ないです。(鼻が詰まっている人、口呼吸の人、感染した人は除く)

【補足】うがいについて

殺菌剤入りのうがい薬は菌を凶暴化させるのでよろしくないです。水(特に冷たい水)は線毛運動を妨げるので、出来るなら、温めの塩水でうがいするのが一番です。

塩水(※)は粘膜の線毛運動を妨げない事が分かりました


※)その濃度は、約1%(小さじ1杯+水500ml)です。

まじですか?子どもには感染しないと言われている新型ウイルスが日本の子どもに感染したのは、キレイ好きだから!!

ホワレーヨ!! 新型ウイルスなんかこわくないぞ!!

いっきに小学生の子ども達の感染が報道されています。こうなることは予測していました。その理由は2つ!!

理由①クルーズ船内で菌は凶暴化!!

①菌の逃げ場がない。(クルーズ船)
②その中で消毒液で菌の大量殺戮が行われる。「キャー、菌殺し!!」
③菌ちゃん凶暴化。人への感染力を強める。
④人に感染した菌ちゃん、人と共にまんまと船外に脱出成功。
⑤菌ちゃん自由に空中飛行。全国の旅へ。

結果:凶暴化した菌が全国へ。

理由②キレイ好きと食品添加物が感染を引き起こす

①除菌&添加物で、子ども達の(皮膚)常在菌や腸内細菌が弱る。
②常在菌が弱いと体内へ菌は入りやすくなる。

結果:日本の子どもは感染しやすい

理由①と②により、全国で日本の子ども達が新型肺炎を発症。
ごく自然な出来事です

中国の子どもは何故感染しなかったのか?

武漢(湖北省)の地域は、清潔でなく(不衛生という意味でなく、昔の日本みたいに子ども達がドロまみれで遊んでいるという感じです)、親の手作りのごはんを食べていたから。
つまり、日本のような除菌や添加物の多い食事を摂っていない。だから、子ども達は元氣で多様な常在菌の持ち主で、感染し難くかったと思います。

普段の生活での、行き過ぎる除菌は、本当に害を呼び込みます。

予防方法は、お茶(白湯)を頻繁にのむ。

詳細はこの記事を読んでください。⇒「読むと話したくなる!!アルコールやマスクより効く新型肺炎予防

読むと話したくなる!!アルコールやマスクより効く新型肺炎予防策

ホワレーヨ!!  お元氣ですか?

梅の花が咲いてきました。春に向かって季節は進んでいますね。春野菜の種まきももう始めないとです!春よ来い!! 
でも、冬も好きですよ。だって、冬があるからいっそう春が待ち遠しくなるのですから。
今日の話は、新型ウイルスの最善の予防法をお伝えします。

肺炎の感染場所は?・・・⓵

風邪のウイルスは、鼻や喉で感染します。しかし、肺炎のウイルスは喉を通り過ぎ気管に入って感染します。しかし、直接すぐに気管に行くのではなく、喉元で一旦つかまります。←これ重要です!!

ウイルスは熱に弱い・・・②

風邪をひくと熱がでますよね。その理由は、熱でウイルスをやっつけるためです。その時の体温は37~40℃くらいですよね。つまり、ウイルスをやっつけるのに温度は50度もあれば十分です。体感的な表現をすると、温いお茶(お湯)でOK。

最善の予防法は!!

①②から、喉元で一旦つかまっているウイルスをお湯でやっつけて、生き残ったウイルスを流し込んで、気管ではなく食道へ導き、胃の酸液地獄に送り込めばいい訳です。息は絶え間なくしているので、やっつけても直ぐにウイルスは付着します。だから、1時間毎にその対応を続ければOK!! それを具体的に言うと

1時間毎に、お茶(お湯)を飲む

今日からこの予防法を実践しませんか?

それと、味噌・塩・ワカメ・玄米も継続して食べてね。

これで、風邪や新型肺炎さん (@^^)/~~~

今すぐアルコール消毒は止めなさい

ホワレーヨ!! 糀くんです。

雨の1日。今日はイタリアに住んでいるお友達の実家へ行ってまいりました。理由は、循環農法をやっている農家さんが野菜を持ってきてくれたので。
応援したい農家さんなので、これからも定期的に買っていきまーす。
皆様にお知らせできるようになったらお伝えしますので、その時は宜しくお願いいたします。

クスリ(殺菌剤)が菌を凶暴化させる!

AMR(耐性菌)ご存知ですか?薬を使いすぎて薬が効かなくなった菌のことで、これが病院で拡がると大変な事に!!

AMRが生まれてくる理由は当たり前。だって、菌達も生き物。生き残らなくてはならないから。だから、薬で生き残った者がその薬が効かないように進化しちゃうんです。それを繰り返すと、やがて薬が効かない菌が出てきます。

そうなった菌は最高に凶暴化!!感染力は高くなるし、なんといっても薬が効かない(泣)

アルコールや薬用○○使うから感染しやすくなる

もともと新型肺炎は弱く、手についても30分したら半分ぐらいは死んじゃいます!しかも、水洗いでも流れるくらい。
じゃあ、何故感染するの?
それは、アルコールや薬用○○で新型肺炎を殺しちゃうから。次第に新型肺炎を自分自身で凶暴化させてる。しかも、対抗してくれる常在菌は殺しちゃうから。
そりゃ、感染するよね (T_T)/~~~

教訓:ウイルスを自分の手で凶暴化するのは止めましょう!!

最後に:塩水やお茶でうがいを、手洗いは流水で!!

※)塩水は、小さじ1杯の粗塩を500mlペットボトル容器に入れて作ってください。1%の塩水になります。