飛沫を防ぐマスクからわずかに漏れる飛沫が、実はコロナ陽性者を増やしている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
バナーをクリックをお願いします。押していただくことによりたくさんの人に見ていただけるようになります。一人でも多く伝えたいのでよろしくお願いします。

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

マスクが飛沫を防ぐことは誰もが認めています。飛沫を防ぐ=感染防止という考えから、マスク着用が感染防止として声高々にいわれています。ほんとうにそうなのか?飛沫量に注目し考えてみました。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

マスクが飛沫を防ぐ!!

新型コロナは飛沫感染する。

飛沫飛ばさなければ感染防げる。

だから、マスクをして飛沫感染を防ごう!!

これは3段論法であって、科学的に明らかに
されたわけではありません。

なのに、TVやマスコミの情報、多数決に流され
マスクが予防効果があるということが
いつのまにか当たり前になってしまいました。

「みなさーーん、マスクをしましょう!!」

で、街に出れば

どこもかしかも、マスクだらけ!!

おーー!!なんてこった。


でも、本当にマスクって、どれだけ飛沫感染
を防ぐのだろうか??

アメリカの流体力学の専門誌「Physics of Fluids」
12月22日号でマスクと飛沫量について調べた結果が
掲載されました。

マスクを通過した飛沫量は、

通常の布マスク:3.61%
PM2.5フィルターを装着した2層構造の布マスク:1.70%
濡れたPM2.5フィルターを装着した2層構造の布マスク:0.03%
サージカルマスク:0.06%
医療従事者向けのN-95マスク:0%

確かに、この数字を見るとマスクって飛沫を通さないですね。

一番飛沫を防げない布マスクでさえ、3.61%!!

この数字は小さく見えちゃいますよね。

この飛沫を防ぐ数字から

マスク神話

が生れたのは仕方ないことかもしれません。


一度のくしゃみでウイルスがどれくらい飛ぶか
知っていますか?

約2憶個

です。

2億個の3.61%は、722万個

つまり、布マスクなら1回のくしゃみで722万個のウイルスが
空気中を漂います。

・2億個の0.03%は、6000個

PM2.5濡れマスクで1回のくしゃみで6000個のウイルスが
空気中を漂います。

そして、日本のPCR検査の条件(CT値40:※の記事参照)なら、
ウイルス1000個程度

陽性

と判断されます。

※)参考記事

日本のPCR陽性判定は、世界基準だと陰性判定となります。


N-95マスク以外のマスクは
感染を防止できません!!

コロナウイルスに感染した人が
N-95以外のマスクで数回くしゃみをしたら、

コロナ陽性確定です。


それなら、全員N-95 マスクすればいいじゃん!!

ってなりますが、そう言う訳には行かないです。

その理由は次の通りです。

N-95マスクって
私生活ではとてもじゃないけど使えません。

認定されたもので、1枚1000円。
認定されていないもので、1枚300~500円。

まず、1枚の単価が高い!!

しかも、正しく着用できた N95 マスクは、
慣れていない人では大変息苦しく、
30 分装着するのもやっとです。

逆に言えば、だからこそ感染防止になるのですが!!

結論!!

N-95マスクをつけない限りどんなマスクをきちんとつけても
飛沫感染は防げません

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

日本のPCR陽性判定は、世界基準だと陰性判定となります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
バナーをクリックをお願いします。押していただくことによりたくさんの人に見ていただけるようになります。一人でも多く伝えたいのでよろしくお願いします。

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

米メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター が、PCR検査を自己採取した唾液で行った場合でも、検査結果の正確性は、医療従事者が採取した鼻腔拭い液を用いた場合とであったとする研究結果を報告しました。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

これこそ、PCR検査が不確定であることを示していると思いました。

どういうことか?

PCR検査について、わかりやすく説明します。

①直接ウイルスを検出している訳ではない。

鼻や唾液中に存在する遺伝子をPCRという方法で増幅し、
コロナウイルスの遺伝子が検出できるだけの一定数があれば
陽性と判断します。

②PCRはコロナウイルス遺伝子の0.3%しか増幅できない

PCRは、コロナウイルスの遺伝子の1/300だけを見ています。
コロナウイルスの遺伝子の長さを30㎝のものさしとしたら、
1㎜だけで判断しています。

つまり、残りの29.9㎜はコロナ遺伝子かどうかわかりません。

コロナウイルスの遺伝子と一致しているのは、わずか0.3%。

0.3%の一致でコロナ陽性と判定しています。

例えば、人と遺伝子の一致ですが

チンパンジーで 96%
ネコ      90%
ネズミ     85%
ウシ      80%
ハエ      61%
バナナ     60%

わずか0.3%の一致で本当に大丈夫でしょうか?

③PCRの検査制度99%は、0.3%の一致部分のみ

精度が99%あるのは、0.3%の遺伝子のみ。のこり99・7%は
分かりません。

陽性判定の結果わかることは、
コロナウイルスと似ていると思しき(おぼしき)
ウイルスの遺伝子があるということ。

その為、米国CD社のPCR検査キットの注意事項には
新型コロナの遺伝子配列と部分的に類似したウイルスは
陽性判定される可能性があることを書いています。

・従来の風邪コロナウイルス
・インフルエンザ
・マイコプラズマ
・アデノウイルス
・RSウイルス
・クラミジア

確か、粘液を採取していない綿棒でも反応したというニュースが
ありましたが、これもまんざら嘘ではないと思います。

④PCR検査陽性は感染ではない。

感染とは、ウイルスが体内に侵入して増殖した寄生状態の事です。
PCR陽性は、そこにウイルスがいたということだけであって
感染している
かどうかわかりません。

しかも、そのウイルスが死んでいても陽性判定します。

ウイルス死んでたら、感染というよりか免疫がきちんと働いている
というで喜ばしいことなんですが、それさえも陽性判定は感染と
判断されるのですから、とーーても怖いです。

こちらの記事でも詳しく書いていますので、
よろしければ読んでください。

嘘だー!!PCR陽性=感染者でないという事実。

⑤遺伝子を増幅させる回数(ct値)が多いほど陽性判定の可能性が高い

コロナウイルスの断片(一部)と思われる遺伝子が
一定数あれば陽性判定となります。

つまり、増幅回数が多いほど検体中の遺伝子が増えるので
同じようにウイルスの遺伝子と思われるものも増えることになります。

回数をふやせば陽性と判断される可能性が高いです。

※増幅回数毎のコピー数は、2の乗数となります。

10回            1,024
20回          1,048,576
30回        1,073,741,824
37回       137,438,953,472
40回    1,099,511,627,776
45回  35,184,372,088,832

とてつもない、コピー数ですよね。

その為、FDA(アメリカ食品医薬品局)では
新型コロナに対するPCR検査キットの使用法に
以下の判定に関する注意書きが書かれています。 

・増幅回数が37回以下で新型コロナウイルスの
遺伝子断片が見つかった場合・・・・陽性 
・増幅回数が40回を超えて新型コロナウイルスの
遺伝子断片が見つかった場合・・・・陰性 

それなのに、日本の増幅回数の判定

40~45回

この回数の結果なら、陽性がでても本来は

すべて陰性

となるのですが、、、、


話を最初に戻して

鼻や唾で同等の正確性と言われても
こんなあやふやな検査で正確性もあったもんじゃない!!

ということです。

糀くんの個人的意見ですが、

PCR検査でウイルス感染を判定するには

問題があるザル検査であると考えています。

そして、PCR検査をする限り、新型コロナ感染拡大という流れはいつでも自由にできる可能性があるとも思っています。

読者の皆様は、どう思われますか?

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。