20代~40代、10歳以下の子ども達に感染が増えているのはその年代のPCR検査数が増えているから!!※)公のデータを使って説明

友だち追加
糀くんがお勧めするお塩や天然の栄養補助食品や化粧品、購入にお得な情報が届きます。また、LINE友達追加者のみ限定で読める記事がありますので、友達追加お願いします

20代、30代に感染者数拡大!! 
※)本当は感染者ではなく陽性者ですが(怒)

若者にワクチンを打とうとTVを中心とする報道が一丸となっていますね。

TVで情報を得ることのなく、SNSなどネットで情報を集める20代や30代前半はコロナを冷静に見ているので、このブログに書いているような「コロナ感染は今の検査や対応では無意味」だと思っているので打ちたくない割合が大きくなります

反対に、今も情報源をTVに頼る高齢者や50代後半は、それを鵜呑みにしているので、ワクチンを打ちたい人の割合が多くなります

年代別|コロナワクチン接種について】ワクチン接種希望には世代間で差が!?コロナワクチンに対する人々の期待が明らかに!※)FNNオンラインプラスより抜粋

情報源の違いで大違いですね!!

さてさて、そうなると年配者は「若者にコロナを早く打って欲しい」と思う訳です!

しかも、社会のルールはまだ50代以上の年長者が権力を握っている訳です

実際、企業の役員や政治家みたら70代以上で居座っている人多いですよね、、、

この権力者は、若い世代にどうして接種を促すのかというと、

経済的な圧力(雇用、金銭的なメリット)を加えたり、ワクチンパスポートなど自由をニンジンとしてぶら下げたりしてきました

しかし、ワクチンが不足したとはいえ、65歳以下の接種は、現時点(8月22日)においても思うように進んでいません


※NHK特設サイトより

そこで、接種を促すために、

若者に感染が急拡大

と手を打っている訳です

ネットニュースでも最近よく見かけるでしょ!!

でも、本当に感染拡大しているのだろうか??

以前の記事で、

実際感染者(陽性者)数が多くて緊急事態宣言やまん延防止等重点措置を出された都市は

PCR検査数が多いだけ

と書きました

◆詳細は、下記のリンクにあるブログ記事の真ん中ぐらいに書いてある「コロナ陽性者の人数はPCRの検査数に比例する」を参照ください

2021年8月4日 厚生労働省のデータを解析した結果、PCR検査を積極的にする地域は人口に関係なく緊急事態宣言とまん延防止等重点処置が発令されることがわかりました

ということは、20代30代の陽性者数の最近の拡大は、その年代のPCR検査数が増えているからと言えるのでは!?

インターネットでその情報を4時間ほど探しましたが、PCR検査の総数はあっても、年代別の総数はありませんでした、、、、

陽性者数は年代別で総数のデータはあちこちのサイトで見られますが、PCR検査の総数の年代別データがないのは、

意図的

としか思えない!!

でも諦めの悪い糀くんは、その情報を出している新宿区のデータを見つけて、グラフにして検証してみました!

7月までのデータですが、20代~40代まで大幅に陽性者が増えています

では、PCR検査数を見てみると

見事に20~40代の検査数が格段に増えています!!

そして、65歳以上の高齢者の陽性数が減ったのも、単に

65歳以上の高齢者がPCR検査を受けなくなったから
(多分、2回ワクチン受けてもう感染しないと思っているのでしょう)

そして、最近では

10歳以下の子ども達の陽性が増えている

とニュースもよく目にするようになりましたが、

これもグラフを見る限り、

10歳以下のPCR検査数が増えているからです
だから、こんなニュース真に受けないでください
そして、子どもにワクチンを打とうなんて思わないでください


10代以下は1カ月で6倍以上に…急増する“子どもの感染” 新学期開始に夏休み延長、対策はどうすべき?FNNプライムオンラインより)

20歳未満にコロナ感染による死亡者は

0人です

ワクチン必要ないですから!!

最後に、陽性と感染は違うことをおさらいします!!

以前に書いたこの記事、是非読んでください
陽性と感染の違いをアニメーションで説明しています

そして、出来ればお友達にシェアしてもらえるとありがたいです!

嘘だー!!PCR陽性=感染者でないという事実。

子どもへのワクチン接種についても、次の記事を読んでもらえると嬉しいです

ファイザーワクチン12歳以上接種可、NYでの大学生ワクチン義務化が日本に与える影響とは、今子ども達が標的に!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

新型コロナ対策は、感染予防と経済どちらを優先する方がいいの?について考えてみた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

新型コロナウイルスは、予防優先?経済優先?どちらがいいのだろうか?それについて考えるためのデータを調べてみました。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

感染者数や重症者数や死亡者数など色々ありますが、
風邪やこれまでのインフルエンザのデータと比べて
新型コロナはどれも数字的(※)には少ないです。

※)この点については、この後に書いています。

判断する指標は、数字やデータですよね。

そういった意味では、数字だけ見ると風邪よりも弱いと思います。


ただ、誤解のないように言えば、
気持的には、色々な感染症を比べること自体
ナンセンスだと思っています。

もし、ある感染症で家族や親類、友達が亡くなっていたら。

その感染症がとても弱い感染症だとしても
その関係者にとってはその感染症はとても怖いはずです。

つまり、弱い強いではなく
どの感染症も人々にとって脅威です。


でも、新しい感染症が発生したときは、
どうしても対策を考えるのに

過去のデータで予測するしか方法はないことも事実です。

その時には、過去の感染症と比べて
強いか弱いかがポイントになります。

このブログで言うところの
強い弱いはこういう意味で使っています。

おばあちゃんの知恵も
経験から代々伝わっていますもんね。

それと同じだと思います。

例えば、風邪は、年間に平均1.4回かかるそうです。
※)2017年 NRCレポートより

すると、年間の感染者数は以下の通りです。
風  邪:1憶7千万人
インフル:約1000万人~1500万人
新コロナ:19万人(2020年12月8日現在)

死亡者数(※)ですが、

※風邪やインフル、新型コロナにかかったことによって
自分が罹患している慢性疾患が悪化し死亡された数字
を含めます。(これを、超過死亡と言います)

風  邪:データなし
インフル:年間約1万人
新コロナ:2709人(2020年12月8日現在)

です。

これだけ見ると、感染力も死亡者数も
新型コロナは強くないですね。


さて、風邪やインフルエンザと新型コロナ感染に関して
このような表をよく見ますが、

新型コロナの症状、経過、重症化のリスクと受診の目安(忽那賢志) - 個人 - Yahoo!ニュース

そもそも、この表の元データは、日本人ではなくミネソタ州のデータですし、
意図的に新型コロナの”〇”が大きいのも気になるし、、、

上記症状は、
風邪でもインフルでも新型コロナと同じようにすべて出ます。

新型コロナの特有な症状として、
味覚障害や目の充血など言われますが、
それも風邪やインフルでもでます。

後遺症も、新型コロナで取り上げられますが、
咳やだるさ、呼吸困難も風邪やインフルでも出ます。

そして、後遺症の割合も決して、新型コロナの方が
確率が高いということも結論づけられていません。

ここまで読んでいただくとわかると思いますが、
新型コロナ中心にしか、マスコミは取り上げていません。


新型インフルや季節性インフル、風邪など
他の感染症と比較してどうかなのか

という観点を含め議論しないと不公平なんです。

裁判って、公平を期すために両方の意見聞きますよね。

新型コロナさんも、本当にこわいのか
公平を期すために、インフルさんなどの
他の感染症と比較しないとです。


糀くんは、過去の感染症と比較するので
現時点ではこれまでの感染症と比べると
それほど怖がる必要はないと思っています。

だから、今の新型コロナ感染症対策は

やりすぎ

と思っています!


それと、心配なのは経済です。

感染防止と経済は真逆に位置します。

今のように感染防止を優先すると、
経済は止まります。

これって、恐ろしいことではないでしょうか?

お金がないと、今の世の中は
何もすることができません。

お金は、目標を達成する手段として必要です。

例えるなら、
車を動かすためのガソリンがお金です。
車はその人の知恵や資質や考え方です。
そして、車を運転して目的地に向かいます。
目的地はその人が成し遂げたいことです。

お金を得る方法は、労働しかない。

今、その労働が奪われています。


そして、政府は補填を行っています。

政府の補填は、税金です。
足らなければ、国債発行。

新規国債発行額は

2019年度   32.7兆円
2020年度 112兆円(当初は、32.6兆円)過去最高
2021年度  44兆円予定

です。

来年もこの状況を続けるのでしょうか。。。
すると、国債発行はまだまだ増えます。

この国の借金負担は、
今の働く世代と子ども達に背負わされます。

感染防止?経済?
本当にどちらを優先すべきかを
個々が情報を集め、自分で判断し声を上げるときです。

今一度、今の状況や対策がいいのか、
子ども達の未来のためによーーく考えてみませんか?


あーーー、考え過ぎて爆発しちゃった(笑)

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。