新型コロナは、ロシアンルーレット!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
バナーをクリックをお願いします。押していただくことによりたくさんの人に見ていただけるようになります。一人でも多く伝えたいのでよろしくお願いします。

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

コロナってなんでこんなに怖いと思うのだろうか?

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

ふと思う時があります。

たくさんの情報があふれる中で、
新型コロナ程両極端な情報が飛び交うのは何故だろうか?

コロナは感染すると2つのパターンがあります!

①何の症状もない
②急激に悪化し、死に至る

インフルエンザは感染すると

①高熱が出る
②①の一部が重篤或いは死に至る。

ほとんどの感染症は、何らかの症状が出て
それが悪化して亡くなったり、重篤化します。

そう、酷くなる時に前触れがあります。

でもコロナは何の前触れもなく急激に重篤化し死にいたります。

加えて、症状が出ない人が多数いるという矛盾を含んでいます。

そう、コロナは「デッド・オア・アライブ

生か死か!!

なんです。

もっとわかりやすい言えば、

ロシアンルーレットみたいなもの!!

いつ、自分が弾が入っているピストルの引き金を
引くかわかりません。

これって、怖いですよね。

6発中1発しか弾が入っていない。

確率1/6でも、引き金引くとなると怖いと思いませんか?

そうか、コロナ感染は

ロシアンルーレットなんだ!!

そりゃ、怖いよね。


でも、ロシアンルーレットって
実は運だけでなく、策をめぐらせると
勝つことが出来るらしいです。

つまり、恐怖に負けず生き残る方法を考えた人は

助かります。

しかし、恐怖に負けて思考が停止し、
もう何かにすがるだけなら、

なすがままです。

命は、運や他者にお任せとなります。

自分の命、それでいいですか?

今のコロナ感染対策、政府やマスコミにお任せしていませんか?

多数決は「正」でしょうか?


このコロナと呼ばれるロシアンルーレットに
どう立ち向かうのか!!

コロナ感染で重篤化や死亡率が高いのは、

基礎疾患ある人でしたね。

そして、ウイルスに感染するのは、

免疫が弱いからでしたね

じゃあ、コロナのロシアンルーレットから逃れるためには、

基礎疾患を失くし、免役を上げればよい!!

って答え既に出ています。

基礎疾患を治すには

生活習慣や食習慣を見直す。

免疫を上げるには

体温を上げ、粘膜が乾燥しないようにする!!

その為には、良い水を小まめに取り、良い塩を食べて
基礎体温を上げる。適度な運動。良い睡眠。

実は変わったことを書いていません。

ずーーと、健康になるためにと
昔から言われ続けている事です。

それを実践するだけで、コロナは防げます。

健康に活きるって、簡単な事なのにね。

それがもう何十年気づかずに生きてきたんだよね

本当に見直す時期がきたんだと思います。

がんばります。


最後に、

コロナはそれを教えてくれていると考えてみると
なんか怖いというよりか
ありがたい存在に見えてきませんか??

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

驚き!!新型コロナの死亡率を低下させる食材は、コレ!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
バナーをクリックをお願いします。押していただくことによりたくさんの人に見ていただけるようになります。一人でも多く伝えたいのでよろしくお願いします。

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

新型コロナの各国の死亡率を調べていたら、驚きの事実が見えてきたんだ。

どういうこと??

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

まずは、この結果を見て!!

◆100万人あたりの死亡率を分析
死亡率の低かった国:ドイツ、オーストリア、チェコ共和国、ポーランド、スロバキア、バルト諸国、フィンランド
→死亡率の高かった国:ベルギー、フランス、イタリア、スペイン、イギリス
※)ジョンズホプキンス・コロナウイルス・リソースセンターのデータより

何か共通点があるの分かるかな?

わかんない、、、、うーーーん!

じゃあ、お話するね。

コロナウイルスの死亡リスクの要因は、世界的に肥満や高血圧、2型糖尿病と言われているんだ。

体内に入った新型コロナウイルスは、この高血圧や糖尿病に関与する分子(※)にくっついて細胞に入り増殖し発症するの。

(※)ACE (アンジオテンシン変換酵素)です。参考まで!!

だから、基礎疾患ある人がかかりやすく、重症化や死亡しやすいんだ。納得。

この関与する分子ができるのを防ぐ効果を持つ野菜がキャベツ。さらに良いのが発酵キャベツ(ザワークラウト)なんだって。

ドイツをはじめとする死亡率の低い国は、確かにキャベツや発酵したキャベツを食べているね。

国のキャベツの消費量が1日1gの増加で、新型コロナの死亡リスクが13.6%減少したんだって。

統計的なデータ解析の結果だけど、これから研究が進んでくると色々なことが分かってくるかもね。

この効果も腸内細菌(善玉菌)のお陰と思っているんだ。キャベツに善玉菌がついているしね。それを 発酵させて菌を増やすとキャベツは消化し易くなるし、お腹の善玉菌も元気になる。これって、新型コロナにかからない対策で 今まで何回も話題にしてきた 内容だもんね。

ほんと、腸内細菌サマサマですね!!

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬ 最後に糀くんとじゃんけんして、今日の運試しをどうぞ!!

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

なんという事だ!!3密対策はなんの根拠もないただの〇〇だった。&今日の占い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
バナーをクリックをお願いします。押していただくことによりたくさんの人に見ていただけるようになります。一人でも多く伝えたいのでよろしくお願いします。

今日も美味しくいただきました。

※ブログのTOP画面にある月は何色でしたか? 月の色は毎回ランダムに変わります。その日の一番最初に出た「月の色」で今日のあなたの運勢を占います。さて、今日はどんな1日なりますでしょうか?

今日のムーン占い

◆赤:今日の最初のご飯はいつもより時間をかけてゆっくりとると、幸運がたーーくさん舞い込んでくるかも。
◆青:今の悩みを紙に書いて、書いたらすぐに破ってゴミ箱へ。好転の予感。
◆黄:悪い知らせが飛び込んで来る日。しっかり受け止め、身近な人に頼ろう。自分で解決しようとすると、こんがらがるかも。

第二波が来ると言われている新型コロナ。対応としては2つ。①3密を徹底する(ロックダウンを含め) ②一部規制するも普段通りの生活をする。 そして、①が世界のほとんどが実施。②はスウェーデンが実施しましたよ。 

※)ロックダウンとは、 感染症拡大防止などのために、都市部において、人々の外出や移動を制限すること

【補足】イギリスは当初②でしたが、感染拡大を受けて①へ移行しました。この理由は、情報を精査すると政治的背景と医薬業界が絡んでいるのが良くわかります。※)糀くんの7月のセミナーでお話する予定です。

最近聞かないけど、スウェーデンの対策は結局どうなったの?

唯一ロックダウンしなかったスウェーデンと世界中で死亡者数には差はありません。

6月2日時点で死者は4795人、100万人あたりの死者が507.17人

日本との比較
スウェーデンの人口は、日本の1/12。100万人あたりの死者が日本は7.55人だよ。最近では「失敗だった」とする言説が世界中にあふれています。

糀くん作成:新型コロナ死者数推移 2020年6月29日現在 

失敗だったのか。。。。。。

違うよ!! ロックダウンしようがしまいが、死者数は変わらなかったということ。これを失敗と言ったらロックダウンした国(ここでは、アメリカやイタリア)も失敗したことになるよね。

でも、日本は成功したんだよね。。。

していないよ。日本の感染者のデータは意味ない。そもそも検査していないから、数字の信憑性が低い。また、死亡者数が低いというけど、これはアジアで比べると高い方なんだけどね。

糀くん作成 :コロナ死亡者数 2020年5月31日現在

そうか、日本が抑え込めたという訳ではないのか、、、、現時点では、ロックダウンしてもしなくても変わらなかったということだね。

現時点では、そうなるね。

広告:1カ月かけて造る手作り洗顔石けん。肌にとてもやさしいです。

スウェーデンは 証拠がなかったから、ロックダウンしなかった!

世界中がしているのに、どうしてスウェーデンはロックダウンしなかったの?どんな根拠があったのかな?

ロックダウンしたからと言って、感染拡大が収まるという証拠がなかったからしなかったんだよ。どういうことか、以下で説明するね。

ヨハン・ジェセック教授(Prof. Johan Giesecke)・・・ スウェーデン政府の感染症対策の顧問で、30年にわたり様々なパンデミックを経験してきたエキスパート。
”The Lancet”(注1)に5月5日付『見えないパンデミック』ロックダウンを行わない理由をこう書いています。
①「人々を感染から守るはずのハードロックダウンは、介護施設に住む老人や虚弱者を守れないことが明らかになった。また、新型コロナによる死亡率も減少しない。これは、イギリスの事例と他の欧州諸国のそれとの比較を見れば明らかだ」
②「他国の施策を見ても、ロックダウンが正しいとする明確な証拠となるものがなく、それは学校の閉鎖やソーシャルディスタンスも同様だ」
③「コロナウイルスには誰もが感染するが、ほとんどの場合症状が表に出ないか、出ても弱く、パンデミックの大半は水面下にとどまる」
④ 「拡散そのものを防ぐ手立てはほとんどない。ロックダウンは(感染者・死亡者数の)グラフの曲線を平坦にはできるかもしれないが、深刻な状態となる時を先延ばしするだけだ。各国の今後1年の死亡者数は、ロックダウンする、しないに関わらず近い数値になると思う」

注1:世界5大医学雑誌です。

ほんと、納得だよね。結果も最初にグラフで示したけど、ロックダウンしようがしまいが差がないのだからね。

でも、、、、、

「ロックダウンはムダだった」と世界随所から上がっているよ!!日本でも、6月11日の大阪府の「新型コロナウイルス対策専門家会議」で、大阪大学核物理学センター長の中野貴志教授が、「データを見る限りでは、(外出・営業の自粛と感染拡大との間には)相関が少ない」と明言したのは記憶に新しいんじゃないかな?

ロックダウンする根拠こそ推測だった!!

そもそも、ロックダウンする根拠自体が推測だったことを知っておくべきだよ!!

ロックダウンの根拠は、今年3月半ば(英)のインペリアル・カレッジ・ロンドンの専門家チームの論文です。
「何もしなければ、8月までに約51万人が死亡する」という内容でした。英国政府も途中から指針とし、方向転換しました。日本の新型コロナウイルス対策専門家会議が「他人との接触を8割削減する」という目標もこれがベースとなっています。

しかも、この論文は、「公式に医学誌に発表されたものでもなく、他の専門家らが精査していない、推測ベースのレポート」なんだよ。

ムムム、、、こちらは公式でないんだ。ロックダウン無駄だったんだね。そう言えば、糀くんもブログで言ってたね。

知られていないけど、スウェーデンは何もしていなかった訳ではない。超合理的に対応

スウェーデンが無策だったかというとそうでもないんだよ。集団免疫の獲得ということがクローズアップされたけど、本当の目的は、「医療崩壊を防ぐこと」だったんだ。あくまでも、集団免疫は一緒についてくるおまけみたいなものだったんだ。その方策を説明するね。

スウェーデンの方針・・・死亡率の高い高齢者と(基礎疾患を持つ)リスクの高い人を守ること。

決断をした背景・・・死亡者が70代以上の高齢者と基礎疾患を持つ人に大きく偏っていた。
実際、 6月24日現在、死者5209人中70歳以上が88.9%、60歳以上で95.8% の結果でした。

実際の対策・・・無策ではなく、方針を遂行するため以下の対応をとった。
①法律で50人以上の集会は禁止 ②飲食店での混雑は避ける。③スウェーデンへの入国禁止(国籍を持つ人、居住許可を持つ人以外)④高齢者施設への訪問は禁止。⑤飲食店でも立ち飲みは禁止で、テーブルは1メートル半程度の間隔を開ける⑥70歳以上は外出自粛、等々の様々な規制を実施。

結果
高齢者・基礎疾患の方に医療を集中的に治療したことにより、病床の数については、常に3割程度の空きをキープし、医療崩壊を防いだ。その副産物として、ロックダウンしなかった国と死亡者数に大差はなく、加えて集団免疫を獲得したものと思われます。

広告:1カ月かけて造る手作り洗顔石けん。肌にとてもやさしいです。

死亡者数が4月以降急激に増加。イギリスは方向転換。何故スウェーデンは方針を維持できたのか?

これこそ、今回のブログで一番伝えたいこと。維持できたのは、政府への信頼と国民の政治への興味があったから。では、説明するね。

スウェーデンの国民の政治への参加と政府への信頼
もともと国選選挙の投票率が80%超、若年層でも8割以上が投票所まで行くというお国柄だが、コロナに関しての情報開示の透明度も高い。だから、民意=国の決定となっている!!
実際、スウェーデンはあちこちの貿易相手国から今回の対策により閉鎖措置を取られ、スウェーデン国立銀行はGDPで最大10%減少、失業率も10.4%まで上昇という予測数値を出している。普通なら、政府批判につながってもいいはず。でも、国に決定=民意だから納得済み。不信・不満にならない。

加えて、福祉国家独特の死生観・個人主義も加わり、高齢者の死を受け止めているからと思われます。
※)日本と違い、胃ろうを嫌い寝たきり老人が皆無です。生きることは活きること。寝たきりになって、無駄な医療費を使うなら、とっとと亡くなって、次世代に使うことを良しとする考えがあります。

そして、反省も忘れておらず、国家主席疫学者のアンデシュ・テグネル(Anders Tegnell)氏は、「高齢者施設などでは、よりよい方法があったかもしれない」と言い、どのように対策するかを今回の結果を踏まえ検証を始めています。

この考え方を日本でも第二波に向けて検証してもいいのではないかと思うんだ。マスクやフェイスガードなどやっぱり不自然で違和感あり過ぎる。

こういうの、教えてもらわないと本当にわからないです。
いつも、ありがとう!!

参考資料:  PRESIDENT 

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。