感染者(陽性者)激減!!第6波は来るのか?について考えてみました

友だち追加
糀くんがお勧めするお塩や天然の栄養補助食品や化粧品、購入にお得な情報が届きます。また、LINE友達追加者のみ限定で読める記事がありますので、友達追加お願いします

コロナ陽性者数が劇的に減っていますね

専門家はここまで陽性者が減るとは想定していませんでした

何が効果的だったのか

ワクチン??
→10月9日時点で2回接種率が65%、やっと半分超えたところです
ワクチン接種完了していない人がまだ35%いますからね
劇的に減った理由とは言い難いですね

マスク??
→それなら最初から効果ありますよね

手洗い、ソーシャルディスタンス?
→マスクと同様それなら最初から効果ありますよね

緊急事態宣言による行動規制?
→今解除されて下がっていますよね。。。理由にはやはりならない

ということは、外食での酒類禁止、4人以上の飲食禁止も同じで理由にならないですよね

だから、専門家の回答は

「いくつか推測はあるが、はっきり確信は持てない。なぜか解析したいが、分からないことだらけだ」

※)専門家組織の釜萢かまやち敏・日本医師会常任理事

えっ!??

マジですか?

こんな専門家組織のいうこと真に受けて

ワクチン接種や色々な行動規制を受け入れていたと思うとぞっとしませんか?

これって、大阪人のつかう「知らんけど」と同じだと思いません?

大阪人A「コロナ陽性者激減した理由ってワクチンやマスクのお陰なんやて」

東京人B「ほんと!!これまでの行動間違ってなかったんやね」

大阪人A「知らんけど」

東京人B「えーーーーー」

こんないい加減な会話と同じですよ

今のコロナ対策って!!

ほんとうに、皆さん信じていいのかな?

多分感染が減った理由は、猛暑が終わり秋になると共に湿度が上がり粘膜が働くようになったことにより自然免疫(1次免疫)が十分働きだすと共に、従来のコロナウイルスを身体が認識し攻撃できるようになったからだと思います

さて、微生物の増え方って知っていますか

微生物は最初の1個から増殖するまでに、その環境に慣れる或いは生育できる環境の準備をするためにじっと我慢をする時期を経て、倍々のネズミ算方式で増えていきます

つまり、最初に増殖するまでの誘導(時)期がいります

お弁当で食中毒にならないために。除菌や手洗いのコツ | ESSEonline(エッセ オンライン)

※グラフは、ネット記事より引用(ライブドアニュース)

ウイルスで言うと潜伏期間になるかな?

確か、コロナウイルスの潜伏期間は2週間程度

そして発症するまでに5日程度かかります

合わせて20日ほどですね

変異株にはまだ十分身体が対応できていないはずなので

20日後の10月31日ぐらいから感染者が増える可能性は大いにありますね

そう言えば、衆議院選挙はいつだったかな??

ご存じですよね!!(知らない人は調べてくださいね)

選挙後にまたまた感染拡大!!

第6波訪れるかも!!

知らんけど

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

RSウイルス感染が拡大しているのは、コロナウイルスから子ども達を守るためだとしたら・・・

友だち追加
糀くんがお勧めするお塩や天然の栄養補助食品や化粧品、購入にお得な情報が届きます。また、LINE友達追加者のみ限定で読める記事がありますので、友達追加お願いします

RSウイルスがどうして流行っているのかについて、気分が乗ったら書こうと書いてたら・・・・・

チャットに書いて欲しいと要望をいただきましたので、
書いちゃいます←おだてに弱いです(笑)

コロナワクチンが不要なことをRSウイルスの感染流行が教えてくれているかも

RSウイルスは夏ではなく冬に感染が拡大します

しかし、今流行っているんですよね

どうしてか?

そのためには、このことを知っておいてください

ウイルスは一度に2種類以上は感染しない!!

これを知った上で、インフルエンザの患者数を見てみると

◆2020年秋から2021年春にかけて(厚生労働省の推計)

約1万4000人

例年のインフルエンザの感染者数は、
国内で推定約1000万人と言われているので

例年の0.1%程度しかインフルエンザの感染者がいませんでした

当初、PCR検査の陽性判定では
インフルエンザウイルスを
コロナと判定するということもありましたが、

流行期は、インフルエンザウイルスは別途判定していたので
0.1%が表すように、流行はなかったと判断しても良いと思います

じゃあ、どうしてインフルが流行らなかったのか?

手洗いやマスクの着用、ソーシャルディスタンス
予防効果と言われていましたが、

そんなもので感染が防げないことは、
今のコロナ感染の状況をみれば明らかですよね

ということは、インフルエンザウイルスより先に感染していた
ウイルスがいるということです

そう、コロナウイルスですよね

もともとコロナウイルスは、感染しても症状がでない
ウイルスでした

だから、昨年末などは
大人から子供まで無症状者の多くは
コロナに感染していたんだと思います

本来ならその時期子ども達のほとんどは、RSウイルスに感染し
インフルエンザ感染を防ぎつつ、RSウイルスにより
多様な免疫を獲得するのですが、コロナに感染していたので
感染しなかった訳です

※)RSウイルス(RSV)感染症は、「かぜ症候群」の一種であり、小児科領域では注目度の高い重要な疾患である。2歳までにほぼすべての小児が罹患

RSウイルスは喉や鼻の粘膜から感染するので、
コロナやインフルエンザと感染する場所も同じですからね

これらのウイルスは、競争する訳ですね

そして、これまでの記事に書いている通り、
コロナ発症者数は本当は大した人数でないですが、

変異株が増えていることは事実で
RSウイルスが流行しだした6月ごろが、
変異株にチェンジする過渡期でした

過渡期のため、コロナウイルスが
ちょっと手薄になった時期でもあります

その隙をついて、本来なら今年の1-3月ごろに感染する
RSウイルスが6月前後から子ども達に感染し

今の感染爆発となっています

RSウイルス感染を繰り返し
大人になった時にRSウイルスに感染しても
重篤化しなくなるので、子ども達にとっては必要な感染ですからね

そして、RSウイルス感染は

変異したコロナウイルスやワクチン接種により拡散される
可能性がある人工変異スパイクタンパクから

子ども達を守ってくれていると糀くんは考えています

神様がいるなら、子ども達を守るために
RSウイルス感染爆発が起こっていると思っています

菌やウイルスは敵ではありません!!

それは、腸内細菌や皮膚常在菌などで
たくさんの人が分かっているはずです

善玉菌と悪玉菌がいることにより
健康が保たれます

病気を引き起こす菌がいるからこそ、
免疫が強くなります

コロナウイルスを目の敵にして
ワクチンや消毒剤で排除しようとすればするほど
本来症状がでないほどの感染力だったコロナウイルスが
凶暴化します

ウイルスを排除するのではなく、
どのようにバランスを持って共存するか

これは、人がこれから未来を生き抜く上で
必要な感性であり、試されているようで仕方ありません

今の対応は、それが出来ていないと思いませんか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

3密回避の新型コロナ対策は空気感染する結核の対策と同じ。空気感染するなら、マスクしてもどこにいても感染する可能があります。やはり、免疫アップが一番大事です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

今日は新型コロナウイルスが空気感染するかについて、別の角度から考えてみます。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

飛沫感染と空気感染の違いは、
水分あるなしの状態で感染を引き起こすことができるかどうかです。

水分があると感染するのが飛沫感染で、
水があるので重くて遠くに飛ばないので、
ソーシャルディスタンスは効果あります。

空気感染なら、水分がない軽い状態で
感染できるから空中を漂い続けるので、
はるか遠くまで感染能力があります。

だから、ソーシャルディスタンスは効果がありません。


大衛株式会社HPより引用

空気感染できるのは、

結核」、「麻疹(はしか)」、「水痘(水ぼうそう)」だけです。

飛沫感染するのは

「インフルエンザ」、「マイコプラズマ」、「百日咳」、「風疹(三日はしか)」、「流行性耳下腺炎(おたふく風邪)」などなど

そして、新型コロナウイルスは、

飛沫感染

と言われています。


さて、空気感染の対策ですが、結核を例にみてみると

人が「咳」をすることで空気中に菌が撒き散らされ、
空中で浮いている菌を他の人が吸い込むことによって感染します。

そのため、

空調換気の悪い狭い場所では、
結核菌の飛沫が長く滞留するため、
感染源になる人が目の前にいなくても
知らないうちに感染してしまいます。

だから、密を避ける行動が大事です!!

この場合の密は、3密「密閉・密集・密接」となります。


「おかしい?」と思いませんか??

新型コロナウイルスは

飛沫感染なのにその対策は、

3密を避けるでしたよね。

飛沫感染するというのなら、

1密(密接)だけ避ける、つまりソーシャルディスタンス
だけでいいと思いませんか?

でも、どこもかしこもあらゆるところで

3密ならないように守ってくださいと目にします。

これって、

新型コロナは空気感染をする

と国や医者や専門家が認めているようなものだと思うのですが、、、

本当に飛沫感染だけで感染するなら、

これだけ国民が全員マスクしていれば、

とっくに感染は収束しているはずです。


過去の記事でも空気感染するならとして、

①マスクは効果ない

②電車内の窓開けも意味もないことも書いています

ので、時間あれば参考にしてください

(参考) 10月1日 マスクが他人へのコロナ感染を防ぐというのは嘘かも!?

(参考)12月14日 新型コロナ予防で電車の窓開ける必要なし。寒いから閉めましょう。我慢すると風邪ひいちゃいますよ。


呼吸はどこでもいつでもするので、空気感染するなら
どこにいても、何をしていても感染します。

空気中なら誰の保有していたウイルスか漂っているか
分かるわけありませんから。

感染経路なんてわからにことが多いのは当たり前です。

報道で感染経路不明が増えているというのも

空気感染している証拠だと思います。

世界保健機関(WHO)は7月7日の定例会見で
換気の悪い環境での空気感染の可能性」について
確か言及していましたよ!!


空気感染の可能性があるなら、

結局は日頃から免疫が落ちないように注意するということしかないです。

それでも密は避けなければという人も
いるでしょう。

じゃあ、密って何人いれば密なんでしょうか?

4人以下っていいますが、その根拠はと聞くと

統計上

と返ってきます。

じゃあ、統計上 新型コロナウイルス感染力や重篤度は、
インフルエンザ以下だったのですが、、、、、

4月22日のブログ記事では、明らかにインフルエンザの方が恐ろしいですね。

11月28日のブログ記事でも、明らかにインフルエンザの方が恐ろしいです。

糀くんは、報道の在り方に意図的なものを感じています。

だからなのか、糀くんは政府や専門家委員会が述べる下記の内容が
全く理解できない!!

糀くん作成資料

・4人以下で感染しない科学的に根拠のある理由は?
・家族なら4人以上でも食事してもいい理由は?

・次の状況は同じだと思うのだけど、AはOKでBはNGなのは何故?
⇒ある居酒屋で、
A)4人グループ以下が6組来た場合は、今の政府基準でOK
B)18人のグループが来たら、今の政府基準ならNG

※)政府基準:会食4人以下 ○、5人以上:NG

これって、論理的に矛盾なく説明できる人はいるのだろうか?


今回のコロナ禍では、こういった都合の良い解釈を政府や専門家が
していること、

矛盾だらけの政府の対策を甘んじて受けている我々は
これからの子ども達にきちんとバトンを渡すことができるのだろうか?

4人グループ6組と18人の団体にし
感染の差が出るのはどう考えても糀くんはナンセンスと思うので。

そう言えば、2-3日前に徳島の議員(知事を含め)や管総理が
いけしゃあしゃあと言ってましたね。

多人数(4人以上)だけど、空調がきちんとされて
しっかり対策をした場所なので、大丈夫と判断した。

こういった横暴がまかり通ているの今の現実をみると、
これからおこる新型コロナワクチンの接種について
どのような対応が起こるか心配です。


何度も言いますが、空気感染するなら

手洗いやマスクをしっかりしても、感染する可能性があります。

だからこそ、自分の免疫を上げることが
何よりも大切であり優先した上で、
マスクなどの感染対策をしてください。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。