近い将来働くならワクチン接種は義務になるかもね

友だち追加
糀くんがお勧めするお塩や天然の栄養補助食品や化粧品、購入にお得な情報が届きます。また、LINE友達追加者のみ限定で読める記事がありますので、友達追加お願いします

コロナ感染は労災として認められていて、支給件数は既に1万件を超えています

感染経路不明のケースも業務による感染かどうかを柔軟に判断して支給決定し請求のうち7割以上は支給されています

(支給されているのは、大半が医療機関や介護など福祉関連です)

さて、本日このニュースが流れてきました!!

新型コロナ 後遺症でも労災認定 国が労基署への相談呼びかけ

コロナ後遺症でも労災認定がされます

これって、ニュースを聞いたとき良いことだと思いました

でも、一呼吸したら嫌な感じがしました

これって、今後企業で働く条件として

コロナワクチンの接種もしくは定期的な陰性証明を

会社が社員に義務付ける可能性が出てくるのでは、、、!!

これってその伏線(ふくせん)!?

と思えて仕方ないです

こういったら、

「でもワクチンは任意ですよね?」と思っている人も多いのでは?

はい、任意です!!

でも、会社って労働者を守るための義務があります

だから、企業は労災0を目標に掲げますよね

労災を起こさないようにするための手段を講じることは

個々の意思より優先されます

ワクチンを例に最初に話すると分かりにくくなるかもしれないので、別の例でを挙げます



一人で電球を代えていたら、梯子が倒れて怪我(労災)が発生しました

会社はその対策として、電球を代える際に必ず梯子を支える人をつけて作業するようにルールを決めました

さて、もしAさんが梯子ささえなくてもよいと言ってそれを拒否した場合、

会社は
Aさんを電球を代える作業からはずしました

これって、会社は人権無視、差別したことになるでしょうか?

多分、ならないと思います

Aさんを守るために会社が下した判断だからです

上記の内容を、以下の通り置き換えてみてください
梯子でケガ=コロナ感染
梯子を支える=ワクチンを打つ

※)今の社会通念としてはコロナを防ぐには、ワクチンが有効であるが常識です

ワクチンを打つことを条件にする企業は問題あるでしょうか?

コロナ感染(クラスタ発生)が会社でおこると労災認定されるのですから、コロナ感染を防ぐ対策を会社は求められます

コロナを防ぐためには、ワクチンが有効

会社として、労災を失くすためにワクチン接種を必須とすることは、

当たり前の行動です

これを個人の自由だ、任意だと言っても

公共の場所ですから、

理にかなっていれば個人より多数の保護が優先されます

つまり、労災を防ぐという目的ではワクチン接種は

一般的には理にかなっています

個人の意思<ワクチン

という方程式は残念ながら成り立ちます

その実例として、

◆NY(ニューヨーク)では
市職員に対して新型コロナウイルスワクチンの接種が義務付けらています

◆アメリカのグーグルもカリフォルニア州の本社を含む世界50カ国以上の拠点に勤める13万人超の社員に、新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けています

【参考】NY市職員約37万8千人中、義務化の期限の11月1日に9千人(2.4%)が従わず休職扱いとなっています

日本で企業がワクチンを義務化する可能性は十分あると思います

でも、本日(11月4日)現在ワクチン接種率は、日本の全人口あたり

1回目が77.7%、2回目が72.8%なので、

義務化されて悩むのは少数派となりますが、、、

どうしてもやりたいことがあって、ワクチンを打たなくてはならなくなったら

①汗をかく
②水分をよく摂る
③快便(食物繊維を摂る)
④海藻類を良く食べる
⑤砂糖や小麦を控える
⑥十分な睡眠
⑦よく噛んで食べる
⑧腹八分目など

日ごろかよく言われている上記の健康法を
今まで以上に意識しておこなうことが一番の排毒の近道です

2021年6月10日 ワクチンに頼らずとも日本人は普通に日本食文化を続けるだけで、ワクチン以上の予防力(免疫力)を身につけるのです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!