RSウイルス感染が拡大しているのは、コロナウイルスから子ども達を守るためだとしたら・・・

友だち追加
糀くんがお勧めするお塩や天然の栄養補助食品や化粧品、購入にお得な情報が届きます。また、LINE友達追加者のみ限定で読める記事がありますので、友達追加お願いします

RSウイルスがどうして流行っているのかについて、気分が乗ったら書こうと書いてたら・・・・・

チャットに書いて欲しいと要望をいただきましたので、
書いちゃいます←おだてに弱いです(笑)

コロナワクチンが不要なことをRSウイルスの感染流行が教えてくれているかも

RSウイルスは夏ではなく冬に感染が拡大します

しかし、今流行っているんですよね

どうしてか?

そのためには、このことを知っておいてください

ウイルスは一度に2種類以上は感染しない!!

これを知った上で、インフルエンザの患者数を見てみると

◆2020年秋から2021年春にかけて(厚生労働省の推計)

約1万4000人

例年のインフルエンザの感染者数は、
国内で推定約1000万人と言われているので

例年の0.1%程度しかインフルエンザの感染者がいませんでした

当初、PCR検査の陽性判定では
インフルエンザウイルスを
コロナと判定するということもありましたが、

流行期は、インフルエンザウイルスは別途判定していたので
0.1%が表すように、流行はなかったと判断しても良いと思います

じゃあ、どうしてインフルが流行らなかったのか?

手洗いやマスクの着用、ソーシャルディスタンス
予防効果と言われていましたが、

そんなもので感染が防げないことは、
今のコロナ感染の状況をみれば明らかですよね

ということは、インフルエンザウイルスより先に感染していた
ウイルスがいるということです

そう、コロナウイルスですよね

もともとコロナウイルスは、感染しても症状がでない
ウイルスでした

だから、昨年末などは
大人から子供まで無症状者の多くは
コロナに感染していたんだと思います

本来ならその時期子ども達のほとんどは、RSウイルスに感染し
インフルエンザ感染を防ぎつつ、RSウイルスにより
多様な免疫を獲得するのですが、コロナに感染していたので
感染しなかった訳です

※)RSウイルス(RSV)感染症は、「かぜ症候群」の一種であり、小児科領域では注目度の高い重要な疾患である。2歳までにほぼすべての小児が罹患

RSウイルスは喉や鼻の粘膜から感染するので、
コロナやインフルエンザと感染する場所も同じですからね

これらのウイルスは、競争する訳ですね

そして、これまでの記事に書いている通り、
コロナ発症者数は本当は大した人数でないですが、

変異株が増えていることは事実で
RSウイルスが流行しだした6月ごろが、
変異株にチェンジする過渡期でした

過渡期のため、コロナウイルスが
ちょっと手薄になった時期でもあります

その隙をついて、本来なら今年の1-3月ごろに感染する
RSウイルスが6月前後から子ども達に感染し

今の感染爆発となっています

RSウイルス感染を繰り返し
大人になった時にRSウイルスに感染しても
重篤化しなくなるので、子ども達にとっては必要な感染ですからね

そして、RSウイルス感染は

変異したコロナウイルスやワクチン接種により拡散される
可能性がある人工変異スパイクタンパクから

子ども達を守ってくれていると糀くんは考えています

神様がいるなら、子ども達を守るために
RSウイルス感染爆発が起こっていると思っています

菌やウイルスは敵ではありません!!

それは、腸内細菌や皮膚常在菌などで
たくさんの人が分かっているはずです

善玉菌と悪玉菌がいることにより
健康が保たれます

病気を引き起こす菌がいるからこそ、
免疫が強くなります

コロナウイルスを目の敵にして
ワクチンや消毒剤で排除しようとすればするほど
本来症状がでないほどの感染力だったコロナウイルスが
凶暴化します

ウイルスを排除するのではなく、
どのようにバランスを持って共存するか

これは、人がこれから未来を生き抜く上で
必要な感性であり、試されているようで仕方ありません

今の対応は、それが出来ていないと思いませんか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!