子どもは大人よりマスクにより体に悪影響がでます。その理由は「横隔膜」にあった!

友だち追加
ブログの更新連絡がラインに届きます!!しかも、糀くんがお勧めするお塩や天然の栄養補助食品や化粧品が、ライン登録で10%OFFで購入できるクーポンがゲットできます。

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

子どものマスク長時間着用って本当にいいのだろうか?改めて考えてみました

マスク着用により必ず起こることは

呼吸の酸素濃度が下がる

これにより、

知能発達に影響

と言われていますが、同じくらい怖いことは

呼吸が浅くなる

ことなんです

呼吸が浅くなると

横隔膜を十分に動かすことができなくなります!!

これって、すごく身体に悪いことなんです

①横隔膜には自律神経が集中している
横隔膜の動きが悪くなると
自律神経の動きも鈍くなり、ストレスに弱くなる

②横隔膜を使う腹式呼吸は、腹圧を体幹を整える
横隔膜の動きが悪くなると、
体幹が弱くなり、腰痛や肩こり、疲れやすくなる

③横隔膜は内蔵の静脈血を絞り出す
横隔膜の動きが悪くなると、内臓の働きが弱くなる

④横隔膜は、心臓や血管の健康を管理する
横隔膜の動きが悪くなると、循環器系の働きが弱くなる

これが続くと、自律神経失調症になります

自律神経失調症の症状は、

気管支炎、喘息、潰瘍や痙攣(胃/十二指腸/食道)、冷え性、便秘、肩こり、痛風、リュウマチ、諸種の神経症、躁鬱病、不整脈などなど

数へ上げたらきりがないくらい色々な症状がでます


話を戻して

子どもの方が、
大人より腹式呼吸をしっかりとしているので

マスクによる横隔膜への影響は大きいのです

マスクを長時間すると、子どもほど症状が強く出ます!

かかとが痛い、背中が痛い、腰が痛いなどなど

子どもによって痛みが出る場所は様々です

それでもマスクし続けると、

子どもに自律神経失調症の症状が出る

可能性が高くなります

そうなったら、戻すのは大変です!!

そんな子ども達を守るために

このような診断書を
書いてくれる先生もいるようです

「マスク着用による低酸素血症」

FBのグループページから引用

写真の説明はありません。

調べれば、このような診断書を書いてくれる先生が
お近くにいるかもしれません

お医者さんを探してみる価値はあると思います

過多ぱっしから聞いてもこちらに損は一切ないですからね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことによりたくさんの人に見ていただけるようになります。一人でも多くの人に伝えたいのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!