ファイザー社のワクチンで遺伝子組み換え人間になるかもね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

早くても来年度以降になるが、永久に効果があり、変異種にも効果のある新型コロナワクチンを開発中とのニュースが流れました。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

ニュースを見た人の中には、
すごい!やったー!早く打ちたい~!

と期待する人も多いと思います。

しかし、はっきりいって、このワクチンは
開発されたら絶対に打たない方がいいです。

ワクチンが永遠に効果があるということは
抗体が永遠に続くということです。

抗体が存在するためには、
ウイルスが体内に永遠に存在するということになります。

ということは、

永遠に細胞内に新型コロナが持つタンパクを作る作用を
このワクチンが持つことが推察されるからです。

これって、人工的にタンパクをつくる遺伝子が
体内に組み込まれたことと一緒です。

分かりやすく言えば、ワクチン接種によって

遺伝子組み換え人間

の出来上がりです。


そして、この危険性は新型コロナ感染予防で

今接種が始まっているファイザー社の遺伝子ワクチン
アメリカのモデルナ社が開発している遺伝子ワクチンにも
その可能性があります。

専門家は遺伝子ワクチンについて
このように言っています。

・体内で遺伝子組み換えを起こす可能性があります
10年後、20年後に発がんにつながる可能性もあります。

体外から投与されたDNAの代謝経路も不明で、
体内に長期に存在することの影響も全くわかりません。

これから日本でも接種が始まる
ファイザー社のワクチンで我々日本人も

遺伝子組み換え人間の仲間入りになる可能性は否定できません!!


こんなことって、嘘みたいだと
思う人は多いかもしれませんが、

感染症の中で水ぼうそうや麻疹(はしか)は
一生に一度しかかからないですよね。

疑問に思ったことはないですか?

その理由は、一生体の中に潜伏するからなのです。

水ぼうそうのウイルスは、
感染後、患者の神経細胞に潜伏して一生をともに過ごします。

麻疹は、免疫系のリンパ球の中に潜みます。

ワクチンも色々開発されていますが、
そのことをよく考えて打ちたいと思います。

糀くんは、遺伝子組み換え人間にはなりたくありません。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!