コロナ禍をきっかけに、医療崩壊そして国民皆保険廃止へ。そんな最悪シナリオも嘘でなくなってきた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
バナーをクリックをお願いします。押していただくことによりたくさんの人に見ていただけるようになります。一人でも多く伝えたいのでよろしくお願いします。

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

最近の報道やマスコミでは、医療逼迫、医療崩壊と頻繁に耳にするようになりました。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

急にこのキーワードが連発されるので違和感を感じています。

そして、こんな言葉も!!

医療壊滅

その中でこんなニュースが流れました!!

妊婦「急に転院迫られても…」都の3病院がコロナ専門に

コロナ患者を受け入れるために、今診ている患者さんを
別病院へ移す。

患者がその病院を選んだ理由も聞かずに、、、

しかも、予算は約30万円もアップ、、、

こんなことが平気に行われています。

しかもこの病院と東京都に問合せをしたが、
約30万円のアップに対し協力金は出せない、、、、

この妊婦さんの個人的な理由ではなく、
東京都が出した命令によっての転院なのに。

こういった事例はネットを調べると
結構出てきます。。。

医療壊滅をたてに、こういった行動に出てきています。


いつものことですが、ここで行動しなければ
さらなる一手を政府や自治体は考えています。

その大義名分は、誰もが賛成する

医療壊滅は防がなければならない。

こういうと、

国民全員が医療を受けられるように
病院の数を増やすや基準を変更するなどの対応策とる。

と普通思いますよね。

でも、もう一つ手があります。

この方法だと、今の医療体制のままでOKです。

えっ、そんないい方法があるの?

って思ったでしょ。

あるんです。

医療を受けることができる人を選ぶ。(選別する)

これで解決です。

そんなの無理だーー!!

って思いますか?そんなことないですよ。


アメリカの医療を見るとよくわかります。

日本と比較します。

患者「先生お腹が痛いです」

◆日本の場合

先生「どのあたりが痛いかな?ちょっと診せてもらうね。」
患者「ここです。ここが痛いです。」
先生「なるほど、治療するから横になって」

◆アメリカの場合

先生「どの保険に入っていますか?」
患者「○○保険です。」
先生「この保険なら薬出すだけですね。お大事に」

この差わかりますか?

日本は病院へ行けば、お金の心配なくそれに合った
治療をしてもらえます。

アメリカは入っている保険によって、治療内容が変わります。
診察する前に保険内容によって治療方法が決まります。

保険に入っていなければ、治療も受けれません。

日本は、国民皆保険
アメリカは、(外資を含む)保険(損保)

が治療を保証します。

もうお分かりかも知れませんが

皆保険を止めて外資系を含む損保に切り替えれば
全員を診る必要が無くなるので医療崩壊を防げます。

これを知った上で、この動画をみてください。

どうでしたか?

下記ブログ記事と併せて読むと
さらに、上記会見が理解できるかもしれません。

2021年1月11日 新型コロナにより医療ひっ迫が続くこと決まりました(泣)

これを受け、今日は火消しの釈明会見をされていますね。

国民皆保険、「しっかり守っていく」

釈明コメントを聞いても、うーーん、、、

糀くんは、きちんと国民が監視しなければ
怖いなあと思っております。

どう思うかは十人十色!!

皆さんはどう思いましたか??

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!