新型コロナ陽性者数のAI予想が信用できるか検証してみました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
バナーをクリックをお願いします。押していただくことによりたくさんの人に見ていただけるようになります。一人でも多く伝えたいのでよろしくお願いします。

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

コロナ陽性者のAI予測(google提供)って見たことありますか?

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

このブログでもAI予想を取り上げてました。

コロナ陽性者数「AI予想」第2弾:年末まで陽性者数は拡大傾向。特に大阪が酷い数字に!!

今現在、1月分が予想として出ています。

https://datastudio.google.com/reporting/8224d512-a76e-4d38-91c1-935ba119eb8f/page/ncZpB

11、12月とAI予測を見てきましたが、さて予想の精度はどうか
検証してみました。

まず1月の予想はこのようになっています。

1月21日にピークを迎え、陽性者数が減少傾向に向かう
と予想されています。

代表的な都市、東京と大阪で見てみると、
東京は全国と同じ動き、大阪は現状維持みたいですね。

じゃあ、1月の陽性者数TOP10をみたらどうなるだろうか?
調べてみました。<表作ったら、11位まであった(笑)>

東京が全国の55%を占めると予想しています。
全国のグラフはほとんど東京の影響ですね。

しかも、①のように陽性者数、死亡者数、入院患者数は
構成比(%)をみるとほとんど比例しています。

実際、こんなことにはなりません。

AIで予測する以上根拠がいる訳で、
死亡者数も入院患者数も陽性者数に合わせるしか
なかったという事がわかります。

②の緊急事態宣言該当地域は、奇しくも合っていますね。

なんとなく、AI予想の限界が見えたような気がしました。

そこで、実際の数値と比較してみました!

実際の陽性者数の都道府県別構成比をAIと比較すると

東京は予想の半分で、大阪・愛知・兵庫は2倍。福岡は5倍
となっています。

予想では、東京で構成比が55%で陽性者数は
東京一極集中の予想でしたが、ふたを開ければ、
東京一極ではなく実際は、大都市や人口の多い場所で
感染が拡大していることがわかります

実際の陽性者数の数はAI予想と比べると

全国は1.5倍と予測を上回る陽性者数がでています。

これも、地域ごとに差があり

福岡は5倍、大阪は2.3倍と大きな誤差が生じています。

AI予想を少し期待していましたが、
情報量不足でAIの学習が進んでいないため
当てになりませんね。

これからは、AI予測は大まかな陽性者の流れをつかむのと
どの地域で陽性者が多く出るかの順位ぐらいしか参考にならないかな?

※)現状、感染については、PCR陽性である程度は判断
しなければならないです。PCRの判定の精度が低くいのは
分かっていますが、今あるデータで読み解いていく力が
必要と最近思っています。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!