コロナ禍により少子化に拍車が!!当初予測より14年も早まっています(泣)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

今日はコロナにより出産率が減ったことについて、書いています。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

2020年12月13日 
コロナで少子化加速?出産予約が6割減も 日産婦調査

という記事を読んだとき、明らかに頭の中に

「?」

が渦巻きました。

確かに、実際2020年の出生数

85万人を割り込み、83万人程度まで減少する可能性がある。

とのことです。

2017年4月当時 国立社会保障・人口問題研究所は将来人口推計で

2021年 出生数が90万人を割り込む
2023年 出生数86万人台となる

と予測されていましたが、

なんと少子化が3年も早まっています。


これだけを読むと、コロナ禍の影響と思うかもしれませんが、

実際は、出産までには10ヵ月と10日かかる訳で、
妊娠から出産までにはおおよそ1年かかるわけだから、

2020年の出生数減少は

ほとんど新型コロナの影響を受けていません。

なので、本当のコロナ禍による少子化の影響

2021年に出てきます!!

じゃあどうなるのか?

予測するには、2つのデータがあります。

それは、婚姻届妊娠届です。

①婚姻数が増えれば妊娠する女性の数も増える。

つまり、出生数が増えるという3段論法です。

厚生労働省の人口動態統計速報を確認すると

青字が2019年 赤字が2020年となります。

明らかに、2020年は婚姻数が減っています。

このままでは、2020年出生数の増加は望めません。

②妊娠届を比較すれば、来年生れる子どもの数が予測できる。

令和2年(2020年)を見ると、5月以降明らかに
妊娠届が減っています。

5月以降!!

そう、明らかにコロナ禍の影響により出産数が減っています。

そして、

21年の出生数は80万人を割り込み、一気に78万人程度まで減少する可能性がある!!

2017年4月当時の国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計では

78万人台まで減少するのは2035年と予測されていました!!

これって、

コロナ禍の影響で少子化のスピードが

14年も早まった!!

ということになります。


今日のニュースで、
今週1月9日から 東京都および周辺地域で
緊急事態宣言が出される見込みです。

これから、経済が益々悪化するのは目に見えています。

そして、経済を回すためのカンフル剤は
国民の数です。

人口が減る=経済力が落ちる

だからこそ、人口は国力であると言われ続けられる所以です。

そう言った中、少子化が14年もスピードアップするのは

泣きっ面に蜂どころではないです!

今、国を挙げて少子化対策に本気で取り組む!!

コロナにより影響を受けた方への支援と並んで
少子化対策に資金を注ぐことも同じくらい、
いやそれ以上に大事と思われます。

明日は、少子化対策に成功した国の政策を確認してみたいと思います。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!