新型コロナワクチン接種で永遠に子どもができない身体になる可能性はあります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
記事の内容が良かったと思われた時は、「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことにより、多くの方の目に触れやすくなるのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

今年1発目の内容ですが、新型コロナワクチン接種により永遠に子どもができない身体になる可能性があるというお話です。最初からビックリするような内容ですみません。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

全ての生き物は、ウイルスや菌と共に
約30億年前から生きてきました。

そのため、多くの生き物はウイルスの遺伝子を持っています。

ヒトの遺伝子を見てみると、

①実際に機能している部分は全ゲノムの 1.5%
約49%は細胞に寄生して増殖するウイルス由来のもの
約49%機能不明の領域

つまり、

ヒトの遺伝子の大部分はウイルス由来です。


そのウイルス由来の遺伝子の中に
赤ちゃんを育てるためにとても重要な遺伝子があります。

それが、胎盤と子宮の間で赤ちゃんが栄養をやり取りするために
必要なたんぱく質(シンシチン)をつくる遺伝子なのです。

これは、人だけでなく
哺乳類すべてが同じであることもわかっています。

つまり、ウイルスがいなければ哺乳類は生まれてこなかったのです!


我々が敵とみなすウイルスですが、
本当に敵なのでしょうか。。。。

例えば、腸内細菌の悪玉菌ですが
悪玉菌がいなければ我々は食中毒になったら
すぐに死んでしまう可能性があります。

悪玉菌が食中毒菌と戦ってくれるので、生きていけるのです。

糀くんには、ウイルスは病気を引き起こすだけではない
意味ある存在だと思えてなりません。

風邪ウイルスで熱が出てしんどいですが、
免疫を上げるのに一番いい方法は熱を上げることです。

風邪は免疫を上げるためにかかると
考えることは出来るのではないでしょうか?


今回、コロナウイルスのスパイク部分
(トゲトゲの部分)は、「シンシチン」に似たタンパク質が
含まれていることがわかりました。

今回の新型コロナウイルスに対する遺伝子ワクチンでは、
このスパイクに含まれるタンパク質だけを増殖させて
抗体を作らせるわけですが、、、、

その抗体がもし身体に出来たら、シンシチンを攻撃し
出来なくします。

胎盤を作る際に、シンシチンが関与するので、
ワクチン接種をした女性は胎盤が作れず「恒久的な不妊」
につながる可能性は、現時点で「0」と言えません。


2020年12月1日

ファイザーの元科学ディレクターが、
欧州医薬品庁に、

「新型コロナワクチンのすべての研究の即時停止を求める緊急申請」

を出しているのは、こういう理由だからです。

でも、そういった報道はされず

既に新型コロナワクチン接種が始まっています。

新年早々でありますが、

新型コロナワクチンを打つかどうかの参考になればと思います。

そして、これ以上殺菌や消毒、ワクチンで
菌やウイルスを我々人間の手で凶暴化し変異を加速させないことを

強く願います。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!