新型コロナワクチン接種の断り方

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
「丁寧な暮らし」のクリックをお願いします。押していただくことによりたくさんの人に見ていただけるようになります。一人でも多くの人に伝えたいのでよろしくお願いします。
読者登録すると糀くんブログのフォロワーとなります。フォロワーになっていただけると嬉しいです

糀くんのやっぱり健康が一番!! - にほんブログ村

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

新型コロナワクチンにどうしても不安があるという方は、どのように対応したらいいのだろうか?を考えてみました。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

新型コロナで親族が亡くなられた方や重症になった方、
後遺症に苦しむ方からしたら、
何言ってるんだと言われるかもしれません。

でも、これまでに、ワクチン接種で亡くなられた方や
重症になった方、今も後遺症に苦しんでいる方が
いることも事実です。

どちらも同じ経験をしています。

それなのに、こうして経験の差によりワクチン肯定派と
ワクチン反対派に分かれてしまいます。

しかし、ワクチン肯定派もワクチン反対派も少数派です。

大多数は、ワクチンは様子み派です。

様子を見るという行為は、
実は自分で考えていません(決断しません)。

これを日和見と呼びます。

日和見なので一番大きな声に従います。

この大きな声とは、言わずと知れた

毎日耳にする報道(マスコミ)の声です。

報道には必ずスポンサーがあり、
スポンサーは企業です。そこにはどうしても

忖度(そんたく)

が存在します。

※)これが報道は正しいとは言えない理由です。

結果、報道はどちらかというと
ワクチン肯定意見多いですよね。

だから、ワクチン反対派が少数派で変人扱いされ
肯定派が多数派となり一般的な考えとなります。

※)なんだか、腸内細菌みたいですね(笑)

この背景を知ると、
糀くんは、どちらの意見も尊重されるべきであると思います。

そして、ワクチンを義務化するのではなく
努力義務で打つ打たないを選択できるようにして欲しいと願います。


これより下の文章は、ワクチン反対派の方向けの内容ですので、
ご注意ください。

※)肯定派の情報はたくさんあるので、普通にネット検索してください。


今日の本題です。

特に、ワクチンを断りたくても、きっぱりと
断れない人向けです。

ホント、ワクチン断るの難しいですよね。

1.接種対象外を理由とする
①妊婦、母乳育児、妊活、妊娠を考えていると伝えます。
②化学物質過敏症やアレルギーなどのある人は、
「ワクチン接種で過去に体調不良になり、診断書はありませんが、
医師からワクチン接種は控えるよう指導されています。」

2.一般的に権威ある組織の人のコメントや研究を引用する。
「12月7日に 世界保健機関(WHO)が、世界各国で新型コロナ
ウイルスのワクチン接種が義務化されることは想定していない
との認識を示しています。それに従い拒否します。」。

「WHOの緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏が、
ワクチンに関するデータや情報を提供し、個人がワクチン接種を
するかどうかを各自決定する方がより有益との見方を示しています。
自分は、ワクチンを打たない方が有益だと判断したんで拒否します。」

今回注意が必要なのが、

改正予防接種法案で、今回は副作用を問わない。
企業に責任も追わない。
国が交渉するとなっているので、
医師に責任を求めても
医師は痛くもかゆくもないので、
有効なプレッシャーには今回なりません。

総合すると、以下のような断りがいいかな?
参考にしてもらえればと思います。

「先生は信用していますが、国の情報を調べると不安があります。
WHOも個人がワクチン接種をするかどうかを各自決定し、
義務化でないと明言しています。しかも、自分は妊活中ですので、
少しでもリスクを回避したいです。」

妊活中のところを、以下のようにするとほとんどの人に使えます。

「しかも、過去にワクチンにより酷いアレルギー症状が出た
こともありますので今回は接種を見送ります」

ワクチン接種はこれで回避できそうですが、

拒否したことによって社会的不利益が被るようなことがあったら
単純に回避を選ぶことができないかも知れませんね。

その為にも、

も同時に進めておいてくださいね。

★社会的不利益については、下記の記事が参考になると思います。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!