絶対に子どもだけには新型コロナワクチンを打たせちゃダメな理由。その①

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
バナーをクリックをお願いします。押していただくことによりたくさんの人に見ていただけるようになります。一人でも多く伝えたいのでよろしくお願いします。

ホワレーヨ!!(元気ですか) 糀くんです!!

今日はお願いです。理解できなくてもいいです。新型コロナワクチンは打たないでください。

今回のブログは2回に渡ります。理由は、しっかりと伝えたくて、情報量を抑えて書きたいと思ったからです。ですので、出来れば明日も読んでもらえるますようお願いします。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

最近のニュースが怖くて、、、

大多数の人が、新型コロナワクチンが完成することを

切望

している報道ばかり目にします!!

今日(11月23日)も以下のニュースが飛び込んできました!!

①英オックスフォード大学が、英製薬会社アストラゼネカと共同開発中の新型コロナウイルス・ワクチンのが有効で承認に向けて動ている。
②米ファイザー製薬と独ビオンテックは、アメリカでは、早ければ12月11日から新型コロナウイルスのワクチンが提供される見通し。

日本はすでに、以下の約束をしています。

・日本政府はアストラゼネカと1億2000万回分の供給で合意済み
・ファイザーとビオンテックからは1億2000万回分のワクチンの供給を受けることで合意済み。

このことを見越して、19日に衆議院本会議で全会一致で

予防接種法改正案

が通過!!

どういう内容なのか、

A)新型コロナウイルス感染症のワクチンを国が費用を負担
B) 接種後に健康被害が出た場合の救済措置を整え、
製薬企業が払う損害賠償金を政府が肩代わりする契約を結べるようにする。

やったー!!

ワクチン無料で打てて、嬉しい!!

補償も国がしてくれるなんて、めちゃくちゃいいよね!!

と多くの人が思っているだろうけど、

今から書くことも、反対意見として知って欲しいです。

特に、子どもに打つべきかを!!


そもそも、ワクチン接種は医療行為であり、
ほぼすべての医療行為と同様、合併症のリスクが
一定程度の確率で発生します。

でも、普通安全性が確認され承認されたワクチンで、
打つ前から国が保証するという話を聞いたことありません

しかし、今回は保証している。

そこで気づいて欲しいのですが、

今回の新型コロナワクチンは、
これまでのワクチンでは比較にならないほど

副作用や重篤化が起こる!

ことが前提ということ。

言い換えれば、承認するが

安全ではないことを国が分かっているということ。

専門家の多くも

今回のワクチンは、早期の実用化のため完全に新規な製法が
取られていることによる未知のリスクがある!

ということを言っています。

糀くんも、短期間で開発されるワクチンは、
安全性に対し、重大な欠陥があると思っています。

下記のブログ記事の後半部分にそのことについて
触れていますので、よろしければ読んでもらえたら嬉しいです。


安全性に「?」がある以上 
打たせたくないと思いませんか?

でも、新型コロナに感染する方が心配
という親御さんの気持ちもわかります。

是非知って欲しいことがあります。

子どもはワクチンを打たなくても
心配する必要がないというデータが存在します。

それが、意図的に隠されていたとしたら、、、

明日のブログで続きを書きますね。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

今日のブログはいかがでした?明日のブログもお楽しみに~♬

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!