新型コロナワクチンの副作用の発症確率は、感染するより72倍も高いです!

新型コロナワクチンが、もし感染を防ぐとしても、副作用が出る確率は72倍も高いです。それも知ってワクチン接種を考えて欲しいと思います。