心配だーーーマスクによる熱中症・日焼け!その悩みをずばっと解決します。&今日の占い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
日本ブログ村のランキングに参加しております。上のバナーをクリック及び読者登録をお願いします。みなさんの応援がブログの原動力です。

※ブログのTOP画面にある月は何色でしたか? 月の色は毎回ランダムに変わります。その日の一番最初に出た「月の色」で今日のあなたの運勢を占います。さて、今日はどんな1日なりますでしょうか?

今日も美味しくいただきました。

今日のムーン占い

◆赤:大事なものを見落としているかも。あなたへ好意を抱いている人やチャンスを見逃さないで!!
◆青:油断大敵です。調子がよかったと浮かれていると足元をすくわれるかも。交通事故に注意。
◆黄:友達同士でお金の貸し借りをすると仲違いするかも。

最近、暑くなってきたらマスクしていると熱中症になりやすいから、状況に応じてマスクを外してくださいというニュースや情報が耳に入るようになってきたねーーー。

ザマスねーーー!いつ外していいかわからないザマス。マスク日焼けも気になるザマス。

そうだよね。具体的に指示しないから、わからなくなるよね。しかも、信じていいかどうか。。。。。だって、1-2か月前には「 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方 」をコロナに感染した目安としておきながら、死亡者がでたら、国は手のひらを返したように、そんなことを言っていない、保健所が解釈を間違ったと発言を簡単にひっくりかえしていたからね。

ザマス、信用ならないザマス。

マスクをすると、①喉の渇きを感じにくくなる。②吐いた息がこもり、知らない間に深部体温が高くなる。
これは「熱中症になりやすい条件」と同じだもんね。

わかったこと①:マスクをすると熱中症になりやすい!!

じゃあ、マスクをすると防ぐことができるという飛沫は、本当に防いでいるのか?以下のNHKスペシャルの動画をみてみると

◆2020年4月1日 [NHKスペシャル] マスクの効果 より
https://youtu.be/67vtPEU0Jqc?t=36

見事に防いでいるザマス。空気の動きもなく完璧ザマス。

わかったこと②:飛沫を防ぐ
わかったこと③:空気(息)を防ぐ。・・・熱がこもりやすい①を証明。

飛沫がどれくらい飛ぶかという情報はたーーくさんあるよね。会話したら1m、くしゃみしたら2m!これから2mというソーシャルディスタンスという考えがでてきたんだ。

SankeiBiz HPより引用

でもね、飛ぶ距離より量の方が重要なんだけど、出てこないんだよねーーー。あったとしても、大声で話をしているときの情報のみ。それも飛沫が飛びやすい言葉を選んでやった試験のみ。それで、やっと10分間で1000粒くらい。ここからは、糀くんの推測になるんですが、普段の会話では飛沫はほとんど気にならない程度と思うよ。だいたい、大声10分も普段の生活で話すことってないからね。

常在菌の数:口には100億個、皮膚には1兆個

万一、会話で1000粒/10分飛沫が飛んでその中に数千個~数百万ぐらいのウイルスや菌がいたとしても、口元や肌にはそれよりはるかに多い常在菌がバリアの機能をして守っているので、よっぽど免疫が落ちていないと感染しません。

つまり、飛沫感染を想定するなら、量も多くて遠くまで飛ぶくしゃみや咳に注意すればいい!!

わかったこと④ 飛沫に注意する必要のある人の行動は、くしゃみと咳。会話は問題なし。・・・但し、糀くんの理論上の推察含む

なるほどザマス。会話をそれほど心配する必要ないんだ。

会話でいちいち感染していたら、そんな弱い生き物は滅びると思わない!!だいたい、さらに言うなら、くしゃみや咳って身体から異物を出すときのものでしょ。つまり、身体にいらないものをだしているんだから、くしゃみや咳は避けた方がいいよね。

広告:「生命の鎖」理論の天然の栄養補助食品はこれだけ

でも、くしゃみや咳を防ぐにはマスクしかないザマス(泣)

そうでもないよ。だいたい、くしゃみや咳は出るタイミング自分でわかるから、マスクでなくてもすぐに対応できればマスクでなくても防げるはずだよね。

厚生労働省が実はいいパンフを作っています。進撃の巨人を活用した、その名も「進撃の咳エチケット」 ※)リンクしています。PDFファイルだから、チラシやポスターに使えますよ。

厚生労働省 進撃の咳エチケット

マスクを着用していなかったりティッシュやハンカチが間に合わなければ、
(×)とっさに手で口や鼻を覆うことがある。←厚生労働省によるとこの対処法は間違い。覆った手にウイルスが付着し、その手でドアノブなど周囲を触ることで他の人に病気を移してしまう可能性がある。
(〇)手ではなく上着の袖など肘の内側で覆うことを推奨している。←これは、世界的にも認められていて、実際高感度カメラで飛沫が飛ばないこと確認されています。

わかったこと⑤ マスクがなくても、くしゃみや咳の飛沫を防ぐことは可能。

わかったこと①~⑤をまとめると、これからの飛沫防止策が見えてきたね。

普段の会話程度の飛沫ならマスクは必要ありません。ただし、くしゃみや咳が出る場合は、肘でカバーする。

最後に
くしゃみや咳を肘でカバーする方法が優れていること、会話の飛沫は気にしなくていいことが広まれば、熱中症やマスク日焼けも防げるし、マスクも買わなくて済みます。厚生労働省も推奨しているのですから、「進撃の咳エチケット」広めませんか?

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。