レムデシビル(新型コロナの治療薬候補)もやはり〇〇剤の可能性大!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
日本ブログ村のランキングに参加しております。上のバナーをクリック及び読者登録をお願いします。みなさんの応援がブログの原動力です。

ホワレーヨ!!糀くんです。
4月28日の加藤厚生労働大臣の発言!!

新型コロナウイルスの治療薬の候補の1つである「レムデシビル」について、緊急の場合に審査を大幅に簡略化できる「特例承認」と呼ばれる制度を活用して、早期の承認を目指す 。

ま、ま、ま、ま、まじか・・・・。

「4月24日 AFP(フランス通信社)が新型コロナウイルスの治療薬候補「レムデシビル」の最初の無作為臨床試験(治験)が失敗に終わったことが23日、明らかになった。」と報じてたのに!!
何故、28日にこんな発言を。。。絶句!

【治験結果】中国で実施されたこの治験は新型コロナウイルス患者237人を対象とし、うち158人にレムデシビルを投与し、残る79人の対照群と経過を比較した。投与した患者のうち18人は、副作用のため早期に投与を中止された。

日本では認可されてなくて、添付文書もないので副作用はこれだと書けないのですが、、、
もともと、エボラ出血熱の治療薬で、エボラに効かない薬なのもいただけない。

ただ、海外の治験結果から、肝臓を損傷するという報告があります。つまり、解毒を担当する肝臓がやられる程、強烈であるということ!!・・・①

作用機構は、ウイルスの遺伝子(RNA)産生の減少を引き起こす?遺伝子の(RNA鎖の)合成を終わらせる?突然変異を引き起こす?のかは不明とのこと。 ・・・②

①②から言えるのは、この薬は猛烈な「毒」で、しかも「発癌性」があるということ。(つまり、発癌剤)

※)ウイルスの遺伝子だけにピンポイントに作用するとは考え難いです。人の細胞にも作用すると考えるのがよいと思います。これって、抗がん剤も一緒ですよね。ガンだけでなく、正常細胞にも作用しますもんね。それが、副作用となって出てくるのは皆さんご存じの通りです。

このような薬に対し、目先の効果がだけを大きく報道し、審査を大幅に簡略化することの正当性を主張するのは、、、、

本当に、正しいことでしょうか?

糀くんが以前書いたブログも読んでみて!!

【ご注意】この投稿に書いている情報・見解はあくまでも糀くんの意見であり見解です。その真偽を確定するものではありません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!