免疫を上げるには、味噌&ワカメ&塩&玄米(^_-)-☆

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
ランキング参加中。ボタンをクリックしていただけると励みになります。応援お願いします。

ホワレーヨ!! 寒いですねー♬

昨日は寒かったですね。 朝高校の前を通ったら女子校生が素足で歩いているのをみて、若いって凄いと思いつつ、そう言えば自分も小学生の時、真冬でも半パン半そでで学校に行ったのを想い出しました。理由は確か、友達とどちらが永く半パン半そでで入れるかを競っていたんです。こんな他愛もない事でがんばれる時代って貴重ですよね。

免疫とは?

これ、漢字を調べると一発で意味が分かります。
免=免れる(まぬがれる)という意味
疫=流行性の病気、感染症という意味
つまり、免疫とは、流行り病にかからないと言う意味で、「免疫力」は流行り病から免れることのできる力ということです。
だから、免疫を上げないと病気に罹るということです。
免疫を上げる方法って言ってもこのブログを読む読者はいっぱい知っていると思います。実は、そのどれも理論は正しいのです。でもその人に合う合わないがあるから、どれがいいかお勧めするのって難しいんだよね。

それでも、どれがお勧め?って聞かれたら

塩辛い味噌とワカメがお勧めです!

どうしてかというと、 長崎聖フランシスコ病院の秋月辰一郎院長が長崎へ原爆が投下された当時、自らも被爆しながら、医師として負傷した被爆者の治療にあたったのです。被爆すると免疫機能が低下し、組織の再生もままならなくなります。しかも、 薬も治療器具も爆風などで吹き飛ばされ満足に調達できない状況でした。その時、秋月先生は、以下のように指示をしました。

塩辛いワカメのお味噌汁を皆に与えろと!!

この指示は、病弱であった秋月先生が、わかめの味噌汁で病気が悪化しないことを身をもって経験していたからでした。

今では以下の事が分かってきました。
①日本人はワカメを消化することができ、免疫UPなど有効に利用できること(白人はワカメを消化できません)
②お味噌が細胞を再生すると共に免疫をあげること
③ミネラルたっぷりのお塩(粗塩)が、免疫をあげるのに有効であること

玄米もいい!!砂糖は絶対にいかん。

実は、当時の秋月先生の言葉は「塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかん」でした。

つまり、玄米も免疫を上げるには良い。砂糖は免疫を下げるからダメということも、経験から、当時既に分かっておられた。本当に凄いお医者様です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです!